ランニングシューズとカラダの声を聴く【シューズを履きこなす】

  • 2022.02.02
  • (更新日:2022.02.01)
  • RUNNING
ランニングシューズとカラダの声を聴く【シューズを履きこなす】

ランニングシューズのレビューをするようになってから、シューズの個性を楽しめるようになりました。それまでは1〜2足を履き潰したら新しいのを買うというスタイルで、そうするとシューズを比較することが難しい。もっとも6年前はまだランニングシューズが今ほど個性的ではありませんでしたが。

今は本当になんでもありです。厚底とカーボンプレートが普通になってことで、シューズづくりに幅ができたように感じます。そして作る側も、コンセプトを明確にして、他のシューズとの違いがはっきりと分かるようにしています。だから、履いてすぐにどのように走ればいいのかがわかります。

基本的に私はどのシューズも「いいもの」として考えます。設計チームが全力で作り上げていて、そんなランニングシューズがダメなわけがありません。必ずどんなシューズにも利点があって、それを引き出すことができれば、走りは楽しくなります。反対に個性を無視して走ると、ケガをするなど楽しさが損なわれてしまいます。

私はそれぞれのシューズに合った走り方ができるので、どんなシューズも履きこなせます。これはたくさんのシューズを履いていることと、ベースに裸足ランニングとピラティスがあるのが大きいかなと。そういう意味ではかなりイレギュラーな存在なのかもしれません。

Advertisement

体との対話だけでなく、シューズとも対話して、そのポテンシャルをどうすれば引き出せるのかをシューズに教えてもらいます。嘘みたいな話なので、信じてもらえないかもしれませんが。その声を聞いていると、どういったシーンで履けばいいのかも見えてきます。今回レビューのために履いたアディダスのアディスターは旅ラン。

ガツガツ前に進むのではなく、ライド感を楽しむシューズ。きちんと乗っていれば目的地まで連れて行ってくれる。そのためにパワーは必要なく、大切なのはスイートスポットで着地することだけ。もちろんそれが難しいのですが。それができれば、どこまでもオートで進んでいけます。

走り方に集中しなくてもいいので、アディスターは景色を楽しみたい旅ランに適しています。だから、当初は瀬戸内海の島を走ろうかと考えたわけですが、今回は残念ながら仕事の都合でそれが難しくなりました。もちろんそれで諦めるわけにはいかないので、与えられた環境でアディスターが活かされるコースを考えた結果がお遍路ランでした。

シューズの特性をきちんと理解できれば、レビューのイメージも湧きやすくなります。理解してないと、ただメーカーの謳い文句に乗ることしかできません。きっと多くのYouTuberがLSDに使って「疲れない」とか「走りやすい」とか言うのでしょう。まぁそれが仕事だから仕方ないのですが。

Advertisement

レビューするときに大事なのは独自の視点。少なくともRUNNING STREET 365ではそれを大切にしてきましたし、これからもそういう記事の作り方をします。ただ、根本的にシューズの声とカラダの声が聞こえないことには独自の視点でレビューするのは無理。ただ、そのレビューがどこまでニーズがあるのかはわかりませんが。

大切なのは私自身はほんの少しも無理をしていないということ。メーカーに忖度することもなく、ただ感じたことを書いているだけなのでストレスがなく、どのシューズも履きこなせるから、新しいおもちゃを手に入れたかのように楽しく走れる。そして私は楽しみながらレビューをする。だから読んでもらえるんじゃないかと考えてます。

ただ、これまでのようにレビューするだけじゃなく、今年は動画も作ってみようかと。記事の最後にイメージ動画があると面白そうじゃないですか。どう使えばいいのかイメージしやすくて、売り上げにもつながる。売れても私には1円の収益にもなりませんが。でも誰かの役に立つなら、それでいいじゃないですか。私がちょっと忙しくなりますけど。

まぁ誰の役にも立たずに長生きするよりは、誰かの役に立つことで消耗し、短命で終わる方が私らしくていい。なのでやりたいことはどんどん増やそうかなと。そこが何かの入り口になることもありますし、人生に無駄なことなんてひとつもありません。やりたいことを全力でやることが私のスタイル。さぁ今日からまた頑張るとしましょう。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事