明日から3度目の伊豆でお手伝い【もう宿のパートを肩書きにいれていい?】

  • 2022.03.28
  • (更新日:2022.03.27)
  • RUNNING
明日から3度目の伊豆でお手伝い【もう宿のパートを肩書きにいれていい?】

明日から2泊3日で伊豆の宿をお手伝いしてきます。前回から少し期間があいたので、いろいろ忘れてそうで不安ですが、今回はさらに新しい業務を覚えるということで、前日はしっかりと寝ていかなくてはいけません。

他にも任務があって、それを全部やり遂げて継続できたら、自分の肩書きに「宿のパート」を入れてもいいですよね。やり遂げたら……ですけど。その肩書きが何の役に立つかはわかりませんが、話のネタにはなります。

前も書いたかもしれませんが、私はネタになる肩書きコレクターでして。

  • 万里の長城マラソン日本事務局代表
  • RUNNING STREET 365 編集長
  • ワークマンアンバサダー
  • tenki.jpライター
  • ランニングトレーナー
  • ランレコードスタッフ
  • UberEats配達員
  • 東西対抗東海道53次ウルトラマラソン主催者

ここに「宿のパート」が加わるわけです。30代だったら飲み会でヒーローですね。すごいのが、この肩書きをひとつも活かしていないということ。いや、活かしてないのは言いすぎですが、これをほとんど武器にしていないという。

Advertisement

でもこういう肩書きって、自分で語るもんじゃないんですよね。自分で語ると嫌味になるわけで。他の人が「この人は……」と言ってくれて、それに対して「いやいや……」と謙虚に出るのが日本人には受け入れられます。

もっとも、そんなことを考えて武器にしていないわけではありません。武器と書きましたが、そもそも武器と思っていないわけです。キラーカードであることは間違いないのですが、振り回すようなものではありません。

私は私であり、肩書きが仕事をしてくれるわけではありません。ただ、肩書きが仕事を作り出してくれることはあります。肩書きがあると「重松に聞いてみよう」となることもあって、そこから仕事になることも少なくありません。

宿の仕事が気に入っているのは、そういう肩書きがまったく関係ないということ。初めてのことばかりなので緊張はしますが、何も背負っていないから楽しめる。そういう場所って実はとても大事なんじゃないかと思います。

Advertisement

コロナ禍前はそれがラン仲間だったのですが、こういう状況になって、常に何かを背負いながらやってきたところで、縁あって素の自分で向き合える仕事に出会えたわけです。きっと、このことは5年後10年後の自分に大きな影響を与えているはずです。

私は基本的に面白おかしく生きることしか考えていませんし、それとは別に「雨ニモマケズ」を模範とした生き方も備えていたいと考えています。いや私の追い求めるものが、たまたま「雨ニモマケズ」に重なっただけなんですが。

決して、あの詩に影響を受けたわけではありません。「こうありたいな」と思ったら、「それって雨ニモマケズの世界やん」となっただけ。ただ雨にも風にも負けてますけどね。肉も食べているし、西の母はまだ疲れてもなさそうだし。

でも、その領域に少しでも近づければ、もっと面白おかしく生きられるのになと思うわけです。で、何の話でしたっけ?とりあえず、明日から伊豆高原を満喫してきます。最終日に桜を見に行けるといいな。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事