第2回さがみ湖さくらラン in プレジャーフォレストを走ってきた

  • 2022.04.10
  • (更新日:2022.04.09)
  • RUNNING
第2回さがみ湖さくらラン in プレジャーフォレストを走ってきた

金曜日に「第2回さがみ湖さくらラン in プレジャーフォレスト」に出られないかとの連絡があり、急遽レースに参加することになりました。チームリレーの部で1周2.5kmのコースを2周分。代走はやらないことにしているのですが、ちゃんと大会側に許可をとったとのことなのでOKしました。

OKしたのはいいのですが、当然2.5kmを走るような準備はしていません。金曜日にはシューズの撮影をするために山に入らなくてはいけなかったので、レース前日にトレイルを走ることになりましたし、そもそも体重がおもすぎるという問題もあります。

ただせっかく走るなら、ランニングシューズの違いを感じようということで、adizero Adios Pro とadizero Takumi 8を1周ずつ導入するというテストをしてきました。これに関しては近日中にRUNNING STREET 365で紹介しますが、なかなかおもしろい試みになりました。

ただ、いかんせん体が重たくでスピードが出ません。2.5kmとはいえかなりアップダウンがあるコースだったので1kmを4分を少し切れればいいかなと思っていたのですが、1本目も2本目も10分以上(10:12・10:15)かかっており撃沈。2本目はスタート直後の上り坂を歩きそうになる始末。

Advertisement

ベスト体重から5kgも重たければ当然なのですが、困ったことに痩せたい意欲がないので、この結果を受け入れるしかなく。逆に言えばベスト体重ならそこそこ走れるというわけで、むしろそこに安心している自分がいます。闘争心みたいなものがきれいに抜け落ちています。

筋力的に苦しかったのは上り坂で、心肺機能の限界を感じたのが下り坂。要するに筋力も心肺機能も落ちているという結果なのですが、その理由をすべて体重のせいにしてしまえば気持ちは楽に。いや、痩せていないのが悪いのですが、前日に言われて痩せられるわけもなく。

ただ、もう大会に合わせて体重を落とすというのはやめるつもりです。しっかり走り込んでいれば体重は自然と落ちますし、それって厚底シューズのようなもので、自分の能力にブーストをかけているわけです。それで速くなったところで違うんじゃないかなと。

もちろん食事には気をつけますが「食べない」はなし。むしろ「足りてない」と感じるほど走ること。走っている距離が足りないから太るわけです。特に今年に入ってから1回もUberEatsの配達をしておらず、運動量が激減しています(今日は今年最初の配達予定)。

Advertisement

スピードも出ないし心肺機能も低下している。でも焦る必要はなく、いまはしっかりと走れる体を作るターン。筋力は心肺機能の向上は夏場に集中して行います。体重も55kg台までは落ちるくらいまでは走り込んで、まずは5月の階段レース。

でも階段レースはつま先くらい中の人なので大会そのものを楽しみたい(生きているといろいろなことがあるものです)。なのでそれに向けてトレーニングはしません。階段筋トレはカラダづくりの一環として行いますが。なので今回の「第2回さがみ湖さくらラン in プレジャーフォレスト」は現状の確認作業。

わかりやすく体重増加が結果として出てしまいましたが、ここでそれに気づけたことが収穫。少なくとも今よりは太らないように気をつけます。気をつけるといっても、走行距離をしっかりと確保するだけですが。今月は自宅仕事の日は15kmジョグ。来月からは20kmジョグ。

今年の「第2回さがみ湖さくらラン in プレジャーフォレスト」は桜が見事で、途中の写真を撮れなかったのが悔しいのですが、来年はまた裸足で走ろうかな。危険ゾーンがちゃんと舗装されていましたし。でも完走できる気がしないんですよね。もしくはシューズで10kmに出てみるか。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事