結局軽さなのさ【体重が少し落ちてスピードを出せるようになった話】

  • 2022.04.23
  • (更新日:2022.04.22)
  • RUNNING
結局軽さなのさ【体重が少し落ちてスピードを出せるようになった話】

10日間で2kgくらい体重が落ちました。夕方以降に食べるのをやめただけです。以前やっていたオートファジーです。仕事の関係で17時以降に食事をすることもありますが、基本的には15時に食べてから何も食べません。

それに合わせてUberEatsの配達や伊豆大島日帰りチャレンジやらで、運動量も増えたのもあってあっという間に2kg減。現在56kg台にまで戻っています。ここからが苦しい気がしますが、まだ5月中旬までには時間の余裕があります。

少しだけ軽くなった状態で「New Balance YOYOGI PARK FKT」の取材があり、1マイル(約1.6km)を本気で走ることになりました。まだ肉離れが完治していないので、90%くらいで走るつもりでスタートラインへ。

ただ前日の練習会でも違和感があっても、きちんと練習はこなせたのでもしかしたら、そこそこ動けるのかなという期待はありました。しかもニューバランスの高速レースシューズを提供してもらったので、キロ4分ペースを想定。

Advertisement

でも自分では少し抑え気味に走り出したつもりなのに、ランニングウォッチには3分40秒/kmの表示。さすがに最後まで走りきれそうにないので、少しペースを落としましたが、1マイルのタイムが5分49秒で現時点で「New Balance YOYOGI PARK FKT」のランキング3位。

いや、チャレンジャーがまだ少ないだけで、週末に一気にランクダウンするんですけど、1位と2位は順天堂大学の現役選手だと思うと、まぁ悪くないタイムです。いや、トータルのペースが3分44秒だったのでスピードだけならベストに近いかもしれません。

スタートしてから400mくらいと残り100mはマスクを着用していたので、あと5秒くらいは縮められたかもしれませんが、いずれにしてもやっぱりマラソンは軽さだなと実感しました。軽くないとお話にならない。

ただ調べてたら、今よりも軽いのにウエストが76cmだった時期もあったようで(今は73cm)、今の体重増加は脂肪よりも筋力アップが大きいのかもしれません。筋力があるからそこそこスピードを出せる。

Advertisement

そうなってくると裸足チャレンジには55kg台ではなく53kg台で挑みたくなるのは心情。1ヶ月で5kgの減量とかってボクサーじゃないんだからと思いますが、結果を出すには必要なこと。ですので、もし55kg台にまで体重が落ちても、裸足チャレンジが済むまではオートファジーを続けます。

そしてできることなら53kg台で安定させたい。タイムのために痩せるのはもうやめようと思っているんですが、裸足チャレンジだけはちょっと話が違うので。裸足の24時間で160kmを突破するというのは、私にとってはロマン。

どんなことをしても人生において1度は達成しておきたいことのひとつです。サブ3よりも大きな目標のひとつなんです。そのためなら苦しい減量だって受け入れるつもり。人生でこのチャレンジと本気で向き合えるのはあと数回でしょうから。

まぁ大きなことを言っておいて、結局55kg台も達成できないとかっこ悪いので、これ以上は語りませんが、結局軽いかどうかなんです。少なくとも私レベルのランナーだと。わかっているなら節制することです。物価も上がるようですし、1日2食がお財布にもちょうどいい。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事