56.6kgまで到達したのであと600g!【ここからが減量本番】

  • 2022.05.07
  • (更新日:2022.05.09)
  • RUNNING
56.6kgまで到達したのであと600g!【ここからが減量本番】

MAX59kgまで増えた体重ですが、5月の24時間裸足チャレンジを実行するのに55kg台まで体重を落とすのが実施条件にしたので絶賛減量中。正確には元の体重に戻すだけなんですが、1ヶ月で3kgの減量になるので、かなり大変なわけです。

いや、嘘つきました。16時以降に食べるのをやめただけです。宿で働いているときはそうもいかないので、食事は3食とっていましたが、通常は1日2食プラス間食が1回。これで2.4kg落としたわけです。ここまで2週間というとことでしょうか。

あと600g落とせば開催してもいいわけです。実は1度だけ55.9kgを瞬間風速で記録しましたが、それはランチ前だったか、かなり空腹な状態だったのでノーカウント。でもそれくらいの領域までは落ちています。ちょっと予定よりも早すぎます。

急激な減量は体への負担も大きく、ストレスにもなります。自分の知らないところでイライラしていたかもしれません。マラソンと同じで最初に飛ばすと後半にダレてしまいますし、きっちりゆっくり落とすことが本当なら大切なわけです。

今の状態なら、おそらく5月23日の週に走れるはずです。21日に階段レースがあるので、できれば16日の週にやっておきたいところですが。疲労の関係ではなく、名古屋でたっぷりと食べてもいい状態にしたいだけなんですが。

Advertisement

18日がランレコード練習会なので、16日から17日にかけてが理想。ただ、そこまでにあと600gを落とせるかというと、あまり自信はありません。炭水化物を減らして水抜きすればあっという間なのですが、それでは24時間は走れません。

計量の前に水抜きするボクサーじゃないんですから。ボクサーは計量が終われば体を戻します。重いほうが強いからです。ランナーは本番に軽くないと意味がありません。だからといってガンガンに落とすつもりはなく、とにかく自分のナチュラルな状態にしたいだけです。

おそらくどこかで下げ止まるはずです。それが今なのか、それとももう少し下がるのか。そもそも今の56.6kgも宿の仕事で不規則な食生活になっていたので、一時的に軽いだけかもしれませんし、反対にもう少し軽い状態なのかもしれません。

ただ、実際に走って「体が重たい」という状態は脱した感はあります。58kg台のときはジョグもドタドタしていましたので、2kg程度とはいえやはり効果は絶大です。2リットルのペットボトルの水を持って走るなんて考えられませんからね。

Advertisement

できることならここから裸足で20kmジョグをしておきたいところですが、それだけの時間を確保できるかどうか。裸足で長い距離をしておかないと不安なわけです。もちろん付け焼き刃にしかならないのですが、前回やらずに後悔したことのひとつなので。

同じことを繰り返しても意味がありません。これだけは体力維持や現状確認をしたいわけではなく、必ず向上していたいと思っている部分ですので。達人という言葉はあまり好きではありませんが、裸足に関しては目指している方向性はそちら。

「裸足で24時間くらい」「裸足で100マイルくらい」って言いたいだけ。言いたいというか、それをさらっとできてしまうランナーでありたいわけです。誰よりも速く走れるわけでもないので、みんなと違う土俵で誰かと争うことなく、もしかしてあの人すごいんじゃない?と思われるくらい。

他の裸足ランナーが真似したら、まず間違いなく簡単に記録は抜かれてしまいます。でも1人で24時間公園をぐるぐる回れる裸足ランナーがそれほどいるとは思えません。5街道制覇したランナーが限られているのと同じですね。そうそう忘れていましたが100マイル達成したら、秋は金沢から東京まで5日で走るチャレンジが待っています。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事