今年の夏は東北横断ラン決定?155kmなら2日で走れる……はず

  • 2022.08.01
  • (更新日:2022.07.31)
  • RUNNING
今年の夏は東北横断ラン決定?155kmなら2日で走れる……はず

久しく夏の旅ランというものをしていません。夏の旅ランは私の旅ラン好きの原点で、ある年の夏休みに「日本海から太平洋まで走ったら面白いのでは?」と思い立って、そのまま新潟に向かったのがすべての始まり。1日60kmなら何とかなるかなと。新潟から静岡まで約300kmなので5日で走れると考えたわけです。

会社員でしたので、夏の長期休暇しかなかったわけです。そういう意味では、その旅ランの前に区切りでお遍路をしていたのも「どんな距離も止まらなければ辿り着ける」という考えを私に根付かせていたのかもしれません。いずれにしても、私は旅ランが好きなわけです。

先日、夏休みを確保できるなら……という前提で、東北横断の検討をしましたが、どうもその熱が冷めそうにありません。約155kmの距離なので、3日あれば走れるなと。ナイトランもするなら2日48時間あれば何とかなりそうです。夏の東北がどれくらいの暑さなのかはわかりませんが。

夜行バスで酒田に向かい、そのまま日本海へ。早朝スタートで初日に奥羽山脈の手前まで走って、2日目に奥羽山脈越え。早ければ2日目の夜には塩釜あたりに到着できるという皮算用。理想はそのまま戻ることですが、仙台に1泊するか夜行バスで戻ってくるのもあり。

Advertisement

気温次第というところもあるので、プランをいくつか考えておく必要がありますが、走る日は正味3日あればお釣りが来ます。これを8月末の平日にやろうかと。距離もそこまで長くないので無理もありませんし、それでいて海から海というのはロマンも達成感もあります。

最上川遡上ランもやりたいんですが、そちらはもう1日必要そうなのと、暑かったらやる気が削がれてしまうのとで。久しぶりに米沢に行きたい気分というのもあります。米沢は私の初マラソン遠征の地。走り終えた後の芋煮が美味しかったことと、河川敷の露天風呂が気持ちよかった思い出。

でもきっと今じゃないんです。ワクワクするのは日本海から太平洋。線路もあるのでエスケープもしやすいですし、コンビニもそこそこあるはずです。何よりも誰もやっていない(誰かはきっとやってますが)というのもいい。富士登山競走とかゼロ富士とかかっこいいなとは思いますが、みんながやってることには興味が湧かず。

知っての通りの天邪鬼体質なので、他の人がやらないことをやりたいんです。それも自分がワクワクできる範囲内で。別に目立ちたいわけじゃなくて、誰かに踏み荒らされた道だと気持ちが盛り上がらないだけ。答えのわかっている問題を解くくらい楽しくないことはないですから。

Advertisement

どのタイミングで東北入りするかはこれから考えますが、酒田まで夜行バスがあることは調べ済み。少し前までLCCもあった気がするのですが、廃線になったような気も。どうせなら青春18切符というのも面白そうですが、そこまで鉄道成分が欲しい人間でもないので。

ここまで計画を練ってみて、本当に久しぶりにワクワクしてます。ここ最近は計画だけ立てて、気持ちがついてこなくて断念していたところもあるので、やる気が伴っている状況がなんだか嬉しくて。そういう気持ちがまだ残っていたんだなと。やっぱり私は旅人でありたい。

話は大きく変わりますが、京都マラソンにエントリーすることにしました。抽選次第なので走れるかどうかはわかりませんが、新コースになって走ってませんし、愛媛→京都と旅をしながら戻ってくるのもいいのかなと。もちろん、愛媛からは走って……嘘をつきましたごめんなさい。

なんとなく走りたい気分なんです。抽選に外れても、取材だけ行くかもしれません。それくらい気になる存在なのが京都マラソン。コロナ禍もいろいろ手を替え品を替え、ランナーを支えていましたしね。なので、走ったら楽しいことは間違いないですし、SOUSOUさんにも行きたいですし。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事