尾花沢のスイカを食べられるかどうか、それが問題だ【東北横断ラン2022】

  • 2022.08.04
  • (更新日:2022.08.03)
  • RUNNING
尾花沢のスイカを食べられるかどうか、それが問題だ【東北横断ラン2022】

今年の夏のチャレンジである東北横断ラン2022。もう何度も地図を見返しています。Googleさんいわく、酒田の海から松島まで約153kmということなので、私がベストコンディションなら24時間でも到達できる可能性があります。

でも、寄り道をするのが旅ランの醍醐味ですので、36時間くらいでゴールできれば理想です。もっとも、天候次第ではそれも簡単なことではありませんが。初日にやばいと感じたら新庄市と仙台の手前で1泊ずつすることになるので、48時間以上かかります。

ただ急いでいるわけではなく、月曜日スタートなら水曜日の19時に都内に戻っていればOK。日曜日にスタートできるなら、さらに時間に余裕があります。誰よりも速く走るのが目的ではないので、むしろたっぷり時間をかけたいところです。

今回最大のテーマは尾花沢でスイカを食べること。日本で1番美味しいとも言われている尾花沢のスイカ。これを食べずして東北横断しても、それは完走とは言えません。問題は1人前を購入できるのかということ。道の駅なら食べられそうですが、問題は道の駅の営業時間内に到達できるかどうか。

Advertisement

酒田からの距離は約60kmあり、いつもの旅ランならスタートから12時間後に到達することになります。それはもう完全に夜で道の駅は閉まっています。真面目に走ったら7時間で到達できるので、それならなんとかなりますが、途中の寄り道ができません。

清河八郎記念館とか行きたいじゃないですか。そもそも酒田だって見どころがいっぱいです。なんだったら酒田に前泊したいくらい、あれもこれも気になるわけです。まぁ前泊してもいいんですけどね。ただ、宿の仕事のスケジュールが伸びる可能性もあるので。

尾花沢のスイカを食べれれば基本的には思い残すことはないのですが、スケジュールどおりにいかないのが旅ラン。思い残しがあるとまた行きたくなるという法則もあるので、食べられないならそれはそれでネタになるからいいのですが。

こうやって東北横断ラン2022について書いている途中に、地図を眺めていたら大変なことに気づきました。今回のゴールを松島にしましたが、酒田の日和山スタートで仙台の日和山ゴールでも面白いのではないかということ。

Advertisement

仙台の日和山は言わずと知れた日本一低い山。そもそも日和山は船乗りが船を出すかどうかの判断のために登った山ということで、全国各地にあるのであまり価値はないのですが、150km以上かけて標高3mの山登りをするのも悪くないじゃないですか。

到着地点については、まだ時間があるので後から考えるとします。こんな感じでいろいろ調べている時間が楽しいだけなので、簡単に結論を出さないのも大切。標高3mのロマンを取るか、松島の海鮮丼を取るか。食いしん坊だから後者になる未来しか見えませんが。

ちなみに今回は荷物をできるだけ減らしたいので、ミラーレスカメラは置いていきます。撮影はiPhoneだけでやってみようかなと。もちろんMacも持っていかず、仕事はすべて終わらせてスタートする予定です。そうなるとやはり36時間で決着を付けたいところです。

とりあえずは全力で走るつもりにしておきます。その範囲でどれだけ寄り道できるか。24時間で120kmくらい走れていると随分楽になりますが、ここで皮算用をしても意味がないので、そのあたりはフレキシブルに。がんばることが目的ではありませんので。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事