逆にすればいいんじゃないか【東北横断ラン2022】

  • 2022.08.05
  • (更新日:2022.08.04)
  • RUNNING
逆にすればいいんじゃないか【東北横断ラン2022】

酒田から松島まで東北横断をするのに、普通に走ったら尾花沢に到着するのが夜になって、スイカを食べられないという話をしましたが、発想が間違っていたかもしれません。酒田からスタートするから食べられないわけで、松島からスタートすればちょうどいい時間帯に尾花沢を通過できます。

私は旅ランをするときに、自宅に近くなる方をゴールにするので、何も考えずに仙台に近い松島をゴールにしていましたが、松島は何度も行っていますし、仙台だって大都会すぎて長居するような場所ではありません。だったら酒田をゴールにしたほうが魅力的です。

予定よりも早く酒田に到着したら、酒田観光もできますし、酒田にはラーメンもお寿司もあります。米どころ水どころなので、日本酒が美味しい場所としても知られています。仙台みたいにあれこれあるわけではありませんが、選択肢が少ないのは迷わずに済んでいいこと。

松島から尾花沢は90kmあります。単純計算で18時間ほどかかります。本気で走れば15時間といったところでしょうか。午前8時にスタートできれば、午前4時に通過なのですが、そこは道の駅が開くまで仮眠してもいいわけです。まったくもって急いでないわけですから。

Advertisement

そして夜中に酒田に到着すれば翌日ずっと酒田で美味しいものを食べて過ごせます。夜行バスで戻ってもいいですし、新潟経由で戻るのもいいでしょう(仙台経由で戻るのは嫌)。我ながらなかなかいいプランです。まあ酒田のグルメ情報をYouTubeで調べてたら、食べたくなっただけなんですが。

こうやって解決策が思い浮かぶのは、自分のモチベーションが高いからこそ。ここ数年、夏の旅ランにワクワクできず計画倒れを繰り返していましたが、今回は問題なく行けそうです。もう何度も脳内シミュレーションをしていますし、余程のことがない限りスタートを切れるでしょう。

後はどのシューズを履くかということと、スケジュールをしっかり詰めれば問題なし。シューズは正直どれでも良くて、家にある1足をどれか履き潰すくらいのつもりで選びます。どれもいまいちだと感じたら、ワークマンの980円シューズを買うかもしれませんが。もしくはワークマンのカーボンシューズか。

順調に色々と決まっていきます。正直なところ、明日にでもスタートしたい気分ですが、明後日は富士山プロレスなので。東北横断ランの詳細は決まっていくのに、富士山に登るための準備が整いません。気になるトレランシューズがメレルから出るのですが、発売が8/8ということでして……

Advertisement

トレランシューズって、本気で選ぶとなるとなかなか難しい。買ったところで年数回しか履かないわけでして、そこに2万円出せるのかという心理的な問題もあります。とにかく安く済ませて、浮いたお金を旅ランのご飯に注ぎ込んだほうが絶対に幸せになります。じゃあ富士山も手持ちのシューズ……となりそうで。

トレッキングシューズはひとつ持っています。でも、毎度軽装で登っている身としては、本格的なトレッキングシューズというのは自分に負けた気がして。楽しく上るならFLOPEEZEという選択肢もあるんですけど、やっぱり念のための1足が欲しい。でもレビューできるシューズがいいんですよね。

東北横断ランも趣味で走りますが、半分は仕事なわけです。こういうランの楽しみ方もあるよと伝えたい。そういう意味では、旅ランの動画チャンネルを作るというのもひとつの選択肢。どこまでニーズがあるかはわかりませんが、自分が楽しんでいることを動画にするのはきっと楽しい。

そうなるとやっぱり酒田での打ち上げは必要。というわけで、松島から酒田は確定とします。それでもスイカには縁がないかもしれませんが、それもひとつの面白エピソードになるはず。なので動画コンテンツを作るというチャレンジも含めて……そうなると河童被ったほうがいいのかな?

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事