ランニング初心者がまず履くべき一足目シューズはこれ!

P9232726 1

ランニングシューズを選ぶときの基準はランナーそれぞれあると思いますが、初心者の人はどのようなシューズを選んだらよいのかわからずに店員さんの言うがまま買っているのではないでしょうか。ランニングショップの店員さんは初心者だとわかるとほぼ間違いなく厚底のシューズをお勧めしてきます。メーカーがそれを初心者向けとして販売しているのですから当然です。厚底のシューズは足を保護するかのようなうたい文句がついて販売されています。確かに走る衝撃は非常に大きくてクッションがしっかりしているほうが足には良さそうな気がします。でも、そのシューズ選び本当に大丈夫でしょうか。

初めて走る人にわたしがお勧めするのは底が薄くて軽いシューズです。こんな薄くて足を守れるのだろうかと心配するぐらい薄いソールが理想です。間違っていけないのは足を守るのはシューズではなく走り方です。どんなすばらしいシューズを履いていても走り方が間違っていれば膝や足首をケガすることになります。そして、厚底シューズは正しい走り方が身につきにくく、反対に底が薄いシューズは正しい走り方が身につきやすいためケガをしにくくなります。

P9132715

それではどんなシューズが良いのかというと、「走る」だけで言えばVFF(ビブラムファイブフィンガーズ)でしょう。とにかく軽くて薄くてわたしは好んで使っています。これは単純に走りが楽しくなるシューズでもあるのでぜひ一度足を通してもらいたいのですが、VFFがオシャレかというと素直に首を縦に振ることが出来ません。はっきり言って一般ウケしません。もっとお気軽に走りたいという人にはもっとよいシューズがあります。

それがMERRELL(メレル)のランニングシューズです。

P9232723 1

そのなかでもビブラムソールでフラットなゼロドロップを採用した「BARE ACCESS ULTRA(ベア アクセス ウルトラ)」は初心者からシリアスランナーまですべてのランナーに試してもらいたい一足です。手にすると笑ってしまうぐらい軽量です。メンズモデルで180g〜で、レディースはなんと驚きの145gです。もちろんこれよりも軽量なシューズも世の中にはありますが、それらはほとんどレース用のソールで長持ちしません。ビブラムソールで200g以下というのは驚異的な軽さです。

スピードを出さないのであれば「VAPOR GLOVE(ベイパー グローブ)」もさらに軽く底が薄いのでお勧めです。ただし、これは初心者よりも本格的にベアフットランニングに取り組みたい人向けかもしれません。2mmしかないミッドソールは鍛えていない足にはさすがに負担が大きすぎるかもしれません。普段から裸足で走っているわたしのようなタイプなら普段の練習用に使いたいモデルです。

P9232729 1

VFFと比べて普段履きしやすいシューズであるのもお勧めしたい理由です。VFFを履いている人はわたしも含めて徐々に感覚が麻痺しVFFを履くことが普通になってきます。おそろしいことに周りの目なんて気になりません。でも、普通のランナーの感覚からするとやっぱりVFFは異端です。わたしも膝や腰や足首の故障に困っている人や、ランニングとしっかり向き合っている人でなければお勧めしません。

P9232731 1

MERRELLはランニングを始めたばかりの人には知名度の低いシューズメーカーかもしれません。でも、その理由だけで避けるのはもったいない。いや、初心者だからこそ一足目に履いてもらいたいシューズがMERRELLのシューズです。わたしは年末年始に東海道五十三次を走る予定ですが、そのときは「BARE ACCESS ULTRA」で、7日間490キロを駆け抜ける予定です。そのときは映像を撮って公開するつもりです。

ちなみにMERRELLの直営店は新宿・池袋・みなとみらい・新浦安・川崎にあります(詳しくはこちら)。シューズですので足に合う合わないはあると思うので、まずはシューズを履いてみて確認して下さい。直営店ならきちんとシューズの説明も受けられるので納得して購入することが出来ます。これがVFFとの最大の違いですね。VFFは直営店ではないのできちんとした説明を受けるにはイベントなんかに足を運ばなくてはいけません。VFFも小さくていいので直営店があるとお勧めしやすくなるんですけどね。

スポンサーリンク