今年の年末年始は『東海道五十三次ラン』やっちゃいます!

IMG 0022

今年も残すところあと3ヶ月になってしまった。まだなにも成し遂げていないという焦りと、ここからが本番だという高ぶり。ランナーはずっとこの季節を待ち続けている。これからのマラソンシーズンに向けて暑い夏を乗り切ってきた。わたしも例年になくいい仕上がりになりつつある、足裏の痛みが取れない以外はかなり順調だ。このままいけば今年こそはサブスリーを達成できるだろう。そしてその後に2014年最大のイベントが待ち受けている。

東海道五十三次ラン。

銀座の鉄人、三州ツバ吉さんとこの年末年始に京都三条大橋から東京日本橋まで7日で駆け抜ける予定だ。三州ツバ吉さんについてはこのブログでも何度か取り上げてきたが、プロレスラーでありながらもウルトラランナーとして、世界中を駆け巡っている。この秋にはとうとう南極を走るのだが、彼にとっては南極さえも通過点にすぎない。南極後の挑戦として彼が選んだのが東海道五十三次なのだ。

総走行距離495.5キロ、単純計算で1日に約70キロを走ることになる。冬なので日が沈むのも早いうえに、間違っても野宿というわけにはいかない。わたしはこの距離を走り切れないだろうとずっと思っていた。距離の問題というよりは休日の問題だ。こう見えて清く正しいサラリーマンである。長期休暇はよくても9日間がいいところ。GWは基本的に万里の長城マラソンだし、夏に長距離を走ると痛い目に会うことは昨年のお伊勢参りランで体験済み。

でもそういう常識というか固定観念を打ち破ってくれるのが三州ツバ吉さんだ。「7日あるから行けるでしょ」と軽く言われてしまった。彼にそう言われると月にだって行けそうな気がする。

IMG 0035

というわけで年末年始は東海道五十三次ランを12月28日からスタートします!

もしかしたらわたしは27日から大阪高麗橋から東海道57次を開始するかもしれない。こういう機会でもなければ絶対にやらないので、大阪から江戸までの546.3キロを走ってみたい。幸運なことに大阪から京都までは50キロ程度しかない。ウォーミングアップにちょうどいい距離だ。26日のうちに大阪に移動し27日にスタートして28日の朝、京都で三州ツバ吉さんを待つ。考えただけでわくわくする。

興味がある人がいればぜひ一緒に走ってみないか。1日だけでも1時間だけでもいい。東海道なのでこのブログを読んでくれている人の近所を通る可能性もあるだろう。年末年始なので泊めてほしいなんて無茶は言わない。美味しいものをごちそうしてくれるだけでもいい。それは冗談としても(半分本気だが)短い時間でも同行してくれる人がいれば旅も楽しいものになるはずだ。

詳細が決まりしだい報告するので期待して待っていてほしい。もちろん実際に走るときも可能なかぎりブログに経過をアップするので年末年始は退屈することなく過ごせること間違いなしだ。

スポンサーリンク