関東一周鉄道沿線マラソンは本当に可能なのか?

PC272850

思いつきで「やる」と言ったものの本当にできるのかどうかが不安になり、きちんと距離を計算してみることにした。大事なのは距離ではなく、やり切るという強い意志なのだが。とはいえ、想像を絶する距離だった場合は勢いだけでやってしまうには無理がある。というわけでYahoo!路線情報で検索してみた。

小田原→厚木 38.4km
厚木→橋本 19.1km
橋本→八王子 8.8km
八王子→高崎 96.4km
高崎→栃木 80.9km
栃木→日光 49.6km
日光→宇都宮 40.5km
宇都宮→小山 28.9km 
小山→水戸 66.7km
水戸→鹿島神宮 56.2km
鹿島神宮→銚子 49.2km
銚子→大網 57.4km
大網→勝浦 48km
勝浦→館山 55.9km
館山→千葉 89.7km
千葉→東京 39.2km
東京→品川 6.8km
品川→久里浜 56.8km
久里浜→鎌倉 19.4km
鎌倉→藤沢 10km
藤沢→小田原 32.8km

総走行距離:950.7km

この数字を見て何とかなりそうだと思ったわたしはネジが数本抜けているのだろうか。年末年始に走った東海道よりも400kmも多いのだが、今回はこれを一度に走ってしまうわけではない。数回に分けてのチャレンジで、できることなら2015年のうちに終わらせてみたい。

ちなみにルールとしては同じ敷地内、もしくは隣接する敷地内に駅がある場合のみ路線の変更が可能という条件で、関東の沿線の最も外側を選んでみた。例えば前橋駅と前橋中央駅はそれほど遠くはないが、明らかに違う場所にあるので繋がっていないと考えた。日光や久里浜は隣接していると考えている。

これをイベントにするならどうなるだろう。ステージ制にするのがいいかもしれない。

【第1ステージ】小田原→高崎 162.7km
【第2ステージ】高崎→宇都宮 171km
【第3ステージ】宇都宮→鹿島神宮 151.8km
【第4ステージ】鹿島神宮→勝浦 154.6km
【第5ステージ】勝浦→千葉 145.6km 
【第6ステージ】千葉→小田原 165km

こうなると一気に現実味が湧いてくる。標準開催日を決めて、みんなで走るのもありだし、各自が好きな時に好きなように走るのでもいい。例えば1ステージの制限時間を30時間と設定して、それをすべてのステージでクリアできれば完走とみなす。得られるのは関東一周鉄道沿線ランナーの称号のみ。

もっと自由であっていい。制限時間もステージも無視。でもこのコースを好きなように繋いで走ればそれでもいい。目標がある方がやる気が湧いてくるかなと思ったのでいろいろ考えたが、こういうのは試行錯誤しながらやっていけばいい。これは決してマラソン大会でもマラニックでもない。

純粋に走ることが好きな人のための提案でしかない。ただ、いろんな人の意見を聞きながら、日本のクレイジーランナーにとって、走ってみたいコースのひとつになれば面白い。そのためにはもう少しいろいろと検討する必要がある。十分に検討し終えたらあとはえいやでやってみるしかない。

3月中に検討を終えて、4月5月で第1ステージを開催したい。もっとも最初は自分一人で走ればいいので深く考える必要はない。この企画が面白いものならあとへと続く人も出てくるだろう。この一年はそのための準備期間だ。とりあえず現段階で6回の週末で走りきれることはわかっている。思ったよりもハードルは低い。

スポンサーリンク