ランナーは自分たちが思っている以上に塩分が足りていない

Salt 91539 1280

ここ最近、右足のふくらはぎがずっと攣っているような感覚があり、一度寝ている時にも足が攣ったこともあり、ちょっと対策が必要かなと思い、毎日少しだけ塩を舐めています。

その効果なのかはわかりませんが、足が攣っている状態からは抜け出せています。人間の体には塩は必要不可欠なもの?

ナトリウムかカリウムの不足

足が攣りやすいのはナトリウムかカリウムの不足の状態です。思い当たることがあるかというと、思い当たることしかありません。ご飯と納豆と味噌汁の食事が基本ですから。

味噌に塩分が含まれているとはいえ、一般的な日本人よりも圧倒的に塩分が少ない生活をしています。同じものばかり食べているから栄養が偏るのは仕方ないと思っていましたが、これはさすがにまずいと思い、塩を舐めているわけです。

結果として足が攣りそうになるのを回避できているので、普段からちょっと塩を多めを心がけなくてはいけません。

で、何が言いたいかというと・・・

誰だよ、日本人は塩分摂りすぎって言った奴は!

塩分が足りていないランナーはきっと多い

世界のWHOが言うには塩の摂取量は1日5グラム未満にしろとのこと。日本人の摂取量平均は約10グラムなのでWHOの基準の倍は摂取してることになります。

味噌汁1杯の塩分が約2グラムなので、わたしは毎日4グラム。多少醤油も使うからほぼ5グラムでWHOの言う1日5グラムになんとか入ってくる。

でも足が攣る。

減塩とかまじめに取り組んでる人、実は塩分足りてないんじゃない?少なくともわたしは「5グラムでは足りてねぇよ」だと体が申し立ててきました。

まぁ当たり前といえば当たり前です。100歩譲って塩分が5グラム正しいとして、5グラム摂取を守ってランニングしたら即マイナスじゃないか。

もっと塩分が必要だ

ランニングすると体重が減るのは、脂肪が減っているのではなく汗をかいているから。だから走り終わってビールを飲むとすぐに体重は元に戻る。軽くなるのは財布の中身だけ。

1時間近く走ると1kgは軽くなる。1kgは1000グラムなので汗の塩分濃度は0.3〜0.9%なので単純計算で少なく見積もって3gの塩分が失われることになる。

あ・・・あかんやん。

がんがん走ったら1日の摂取量よりも汗で流れていく量のほうが圧倒的に多い。

足が攣りそうになったのは会社を辞めて毎日走れるような環境になってから。しかもゆっくり走るのではなく山に行って結構ハードに走るようになってからだと思うと辻褄が合う。

日本人は塩分摂りすぎかもしれないけど、ランナーは相当摂取しないとむしろ不足する。

ちなみにマクドナルドのマックフライポテトはMサイズで塩分量0.6グラム!健康的かどうかは別としてランナーが気にするほどの量ではない。というか1時間走っただけで塩分だけで考えるとMサイズ5個食べなきゃいけない。

胸焼けMAXです。

というわけで、みんなも塩には気をつけて!いや冗談じゃなく、走りこむ人は1日どれぐらい摂取してるかの把握と、走った前後の体重を測って、失われた塩分量も推測しておいたほうがいい。

ランナーは自分たちが思っている以上に塩分が足りていない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク