最も裸足に近く最も裸足ではない「NIKE FREE HYPERFEEL」購入編

IMG 2199

どうもランニングシューズを買うのが下手のようで、なかなか手に入れられなかった「NIKE FREE HYPERFEEL」。そもそもどの段階で発売していたのかすらわからない。ガジェット系は発売日がはっきりしてて、発売日には余程の人気機種でもない限り入手できる。その感覚に慣れすぎていたのかもしれない。ランニングシューズは発売日もあやふやで、発売開始したところで全国に出回るわけでなく、ほんの一部のショップでしか手にはいらないものらしい。「NIKE FREE HYPERFEEL」をレビューする前においらの購入までの苦労話をハンカチ片手に聞いてもらいたい。

まず水曜日、横浜で買い物する用事があったのでそのついでに購入を試みた。NIKEのホームページによると横浜駅周辺でナイキ製品を扱うのは4店舗。まずはランニング専門店のSTEPに行ってみた。いきなり「あった!」となりかけたのだけどそんなに甘いわけがない。置いてあったのは「NIKE FREE HYPERFEEL TRAIL」トレイル仕様でした。「東京本店には入荷しているのですが…」とのこと。買えなかったけど、発売されていることがわかったことで逆に期待が膨らむわけです。意気揚々と次はABC-MARTへ。置いてなさそうでしっかりランニングシューズが揃うのがABC-MART。横浜西口店のランニングシューズ品揃えはかなり素晴らしい。ただ…ここにもない。

次に向かったのはマルイ。マルイなんかもう10年近く入ってないけど、ランニングブームに乗じてシューズがあったりするのかな…なんて思ったけど、残念!というかマルイはあんなんでいいのか。北京の百貨店のほうがやる気を感じるぞ。売る気も品揃えも中途半端で悲しい限り。あたり前のように置いてあるわけがありません。最後の1店舗はサッカーショップ加茂…。もうね、行く気もしなかったよ。置いてあるわけがないやん、サッカーショップに。というわけで水曜日の購入は断念。

翌日の木曜日。研修で東京に行っていたので確実に買える予感ですよ。それどころかさっさと買って帰ってランニングする気まんまんですよ。研修終わって早めの晩ごはんのときにビールも日本酒も我慢しましたよ。

昨日の情報でSTEP本店に置いてあるのはわかっている。でも東京駅から一番近いARTSPORTS日比谷店に行くことに。天下のARTSPORTSさんですよ。ないわけがない…わけがなかったです。いやぁ、ないもんですね。ここでおいらは絶対にあると言い切れる直営店のナイキショップ原宿に向かうことにした。日比谷からなら地下鉄で1本。

一番目立つところにディスプレイされているじゃないですか!そしておいらは驚愕の事実を知る。

18900円!

なんすか、その強気価格。もちろん定価販売です。ちょっと怖気づいたけど、まずは試し履きをしなければと超めんどくさそうな顔している店員さんにお願いして25.5cmの在庫を確認。「すみません、25cmと26cmしかありません」とのこと。

えぇ〜〜!えぇ〜〜!えぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

ここになければもう日本中どこにもないだろう。どんな品薄だよ。しかも一応26cmを試し履きしたら、やっぱり一回り大きいわけさ。普段は裸足で履くのに試し履きだから靴下はいてたのに。ところが、店員さんは裸足で履くと言っているのに、「靴下履くほうが安全ですよ」とか「足回りはジャストですよ」とか言って、なんとか売りつけようとするわけです。そういうところがNIKEがAppleになれないところなんだよねぇ。NIKEの店員さんはいつも無理にでも売りつけてくる。お客さんのことを考えるなら「やめておいたほうがいい」という勇気も必要なんだと思うんだけどね。NIKEの店員さんとは友だちになれそうにありません。

もう、これは無理だと思ったけど、ここまで来たら最後まで粘ろうと、こういうときだけは折れない心が発揮される(24時間マラソンとかで発揮しろよ…)。
行きましたよSTEP本店。原宿から水道橋、東京から始まって山手線半周みたいな感じ。後楽園遊園地のネオンが眩しいぜ(あ、いまは東京ドームシティアトラクションズっていうのか)。

IMG 2196

ナイキショップ原宿ほどではないけど、きちんとディスプレイされていました「NIKE FREE HYPERFEEL」。手にした瞬間、獲物を見つけたと言わんばかりに笑顔で店員さんが飛んできます。普段ならうっとしく感じるところだけど、もうね、店員のお姉さんの笑顔が天使に見えたよ。サイズを確認したら「ありますよ〜」と。さっそく試し履き。

なんじゃこりゃ!

どう表現していいのだろう。こんなシューズは初めてです。靴下のようなシューズというコンセプトなんだけど、その感覚よりも足裏のふわふわ感がおかしい。初めての感覚すぎて好きも嫌いもわからない。とにかく変なのだ。素直に「これ変ですね」と店員さんに言ったら、インソールがFREEになっているからだと教えてくれました。「だからシューズの名前にFREEってついているんですよ」だって(気が付かんかった…)。そういう的確な情報をくれるのもランニング専門店ならでは。そういえばずっと前に履いてたNIKE FREEに似ているとも言えなくはない。

STEPさんでもっとも嬉しかったのはなんと15%引きです。新製品ですよ、品薄品ですよ。店員さんいわくナイキショップ原宿と同じぐらいの品揃えで、ナイキショップ原宿よりもゆっくり品物を見れるうえに安いんですとのこと。STEPさんはNIKEと強くつながっている感じですね。横浜店をおいらのメインで使うランニングショップにしようかな。そういえば横浜の店員さんもいい感じだった。ARTSPORTSさんもいい店員さんが多いけど、都内だけだからね。

ナイキショップ原宿には2度と行かん!

というわけで無事「NIKE FREE HYPERFEEL」を買えました。明日か明後日のブログには使用感なんかをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク