裸足の24時間マラソンを勝手に開催しちゃいます

PC150153

今年は自主イベント「加賀藩江戸三度飛脚ラン500km」を走ると決めましたが、実はどうしてもやりたいことがもうひとつあります。それが裸足の24時間マラソン。

これまで夢の島24時間を裸足で走ってきましたが、110kmがベスト記録だったと記憶しています。でも、路面さえよければもっと走れるだろうと思うわけです。夢の島競技場コースの路面はとても荒く、しかも暑くなると路面が焼けます。

もっと裸足にあった条件で走れば、記録が伸びるのではないかと思うわけです。

でも裸足メインで開催してくれる大会などなく、かといって豊洲24時間の路面ではとてもじゃないですが24時間も足が耐えられません。見た目はきれいですが、裸足向きではない路面。

PA080142

だったら、誰かに頼らずに自分でやればいいよね、となったわけです。ウレタン舗装された路面のある公園が近所にあるわけですからそこで24時間走ればいい。

ギネス記録を狙うわけでもなければ、日本記録を出すわけでもありません。自己満足なのだから、自分で計測して自分でなっとくすればいいわけです。まぁ応援がないのはつらいのですが、マラソンとは本来孤独なもの。

公園なので土日にやれば、常に誰かが走っているわけですし。

計測はStravaを使えばいいかと思います。モバイルバッテリーと組み合わせれば24時間くらい計測できるはずです。食べ物は自分で用意するだけですし、飲み物は公園内で購入できます。

P3030258

あとはやるかやらないかだけ。だったらやればいい。

よくやるなと思うかもしれませんが、今の自分ならそれなりの距離を踏めそうな気がしています。100マイルなんてことは言いませんが、それに近い記録が出る可能性もあります。

問題は自分の気持が続くのかということです。特に深夜帯に誰もいない公園を走り続けるわけです。決して心が強いわけではないわたしにそれができるのか。

ただ裸足での24時間に挑戦してベストを尽くしたら、どれくらいの距離になるのか。わたしはただその答えを知りたい。どうしても知りたいんです。きっと挑戦する機会はこれからそう多くはありません。

P6030208

年齢的にもそうですし、根拠はまったくないのですがこれから数年後に、またライフスタイルが変わるように大きな変化があるような気がしています。走ることはやめないでしょうが、走りとの向き合い方が変わるかもしれません。

だから、やりたいことは今のうちにやっておきたい。

あとは、いつやるのかということでしょうか。スケジュールとにらめっこをして、無理がなさそうなのが5月18〜19日。ただこの日は飯能ベアフットマラソンが開催されるので、そこに重ねるのはさすがに感じ悪いかなと。あとは6月8〜9日が候補です。

路面温度の問題もあるので5月が第1候補で、雨が降ったら6月というのが理想。とはいえ失敗しても失うものは何もありません。参加費すらないわけですから。

PC090339

スタート時間はちょっと検討が必要です。夢の島のように13時にするのか、それとも早朝に走り出すか。睡眠時間という意味では朝スタートのほうがよさそうですが、朝にゴールしたら生ビールを飲むことができないという問題が発生します。

まぁそれは終わってから考えればいいことです。

そもそも24時間走り続けられるのかすら分かりませんから。近所すぎて簡単に逃げ帰ることができるわけですし。とりあえず開催することだけは決定します。

160km超えたら裸足の24時間日本記録を名乗っていいかな?そもそもわたししかやってない気がするので、110kmでも日本記録と言えなくもないのですが、それはさすがに恥ずかしいのでやめておきます。


文庫 アベベ・ビキラ: 「裸足の哲人」の栄光と悲劇の生涯 (草思社文庫)
著者:Tim Judah
楽天ブックス:楽文庫 アベベ・ビキラ 「裸足の哲人」の栄光と悲劇の生涯 (草思社文庫) [ ティム・ジューダ ]