シューズと裸足、速く走れるのはどっちかという問いに対する答え

Foot 594140 1920

裸足が好きとか、ハダシストだとかそういう掛け値なしにシューズよりも裸足のほうが速いのではないかとスピードトレーニングをするようになってから感じています。

シューズを履いて練習をするとき、ソックスを履く履かないという違いはあれど、足と路面の間に不確定要素が入ってきます。裸足であれば足と路面だけの関係で考えることが出来ます。

スポンサーリンク

足が路面にどれだけの時間接しているのが最も効率的に走れるかを試したければ路面に長く触れる走りから、短く触れる走りまで試してみていいものを採用すればいいのですが、シューズがあるとこうはいきません。

まずシューズが路面に長く触れるように走りたくてもそのイメージ通りに足を動かせる人なんてほとんどいません。シューズが接地したという信号は裸足のそれと比べて明らかにワンテンポ遅れて伝わってきます。

シューズと路面の関係だけでもややこしいのに、シューズと足の関係もあります。シューズと足の間には必ずロスが発生します。コンマ数ミリかもしれませんが、走るたびにムダが発生します。これは絶対です。

裸足ランナーの人が100mとか200mだけ走ったとき、たぶんランニングシューズで走るよりも裸足の方が速く走れるはずです。少なくともわたしはそうです。裸足だとシューズでは出ない領域までスピードを出せます。

問題はそれを維持しきれないということにあります。瞬間的には裸足の方がスピードを出せても維持できない。それは足裏が痛くなったりするからです。1キロ3分というスピードを2時間以上も続けられるようにわたしたちの体は作られていません。

そしてある程度のスピードを維持し続けるには陸上競技場のトラックのような路面が必要になります。目の粗いアスファルトで1キロ3分で走るなんて自傷行為以外のなにものでもありません。

裸足の方が瞬間的なスピードは出るのだからコース次第では裸足の方が速いタイムが出るというのがわたしの考えです。ただ裸足のためだけに走りやすい路面だけのフルマラソンなんて開催されないので検証はできません。

アスファルトで走る以上、裸足がシューズを勝ることはなかなか難しいことです。それを克服したいといろんな人が挑戦しています。痛いのが嫌いなのでわたしは挑戦しませんが…

ただはっきりしているのはシューズとソックスはランニングにおける不確定要素が多すぎます。速く走るための足の微調整がほとんどできません。その代わり足裏はきっちり保護してくれます。一長一短ですね。

速く走れるのは裸足という答えだけは譲れませんが。

スポンサーリンク