今シーズン最大目玉はスーパー・マラソングランプリだ!

IMG 2877

富士山マラソンのエントリーグッズが届きました。2週間後には今シーズン初フルマラソンです。練習レースなので特に気持ちを入れるつもりも準備をするつもりもないのですが、今シーズンのレース用シューズをまだ買っていないことに気づきました。来週は伊勢に行くつもりなので明日にでも買いに行くとしましょう。今シーズンもフライニットにするかアディダスの匠にするかちょっと悩んでいます。速いランナーはやっぱり匠ですよね。わかってるんです。わかってるけど、あまりにも普通すぎるなと思って。今シーズンにサブ3を達成するなら匠で間違いないのですが。

シューズを買っていなかったのと、本命の愛媛マラソンの準備を怠っていたことも発覚。1月にひとつもレースを入れていませんでした。全力で走る必要はありませんが、せめてハーフの距離をレースタイムで走る練習は必要です。ただハーフの距離を普通の道でやろうと思うと信号待ちなんかがあって何かとめんどくさい。というわけでレースを選ぶわけです。ハーフならなんでもいいんですが、どうせなら旅ランですよ。

いまの候補は和歌山の「第6回九度山世界遺産マラソン」か奈良の「第38回 十津川温泉郷「昴の郷」マラソン大会」。どちらもなんとなくで選んだんですが、どちらも世界遺産の熊野古道ですね。どこまでも伊勢神宮には呼ばれていないのに、弘法大師さんにはどこまでも縁があるようです。今夜のうちに決めようと思います。でもどちらにしてもたぶん車中泊です。最終の調整レースがそれで良いのかという難題。

P1084859

それとは別に1月11日にスーパー・マラソングランプリに出場する。これは毎年開かれているスーパー・ママチャリグランプリの前日に開催されることになった、どこまでも真剣に不真面目な大会なのです。5時間富士スピードウェイを走るレースなんだけど、そこまではまぁ常識の範囲です。実はこの走る部とは別に『ムカデ』の部と『ラブラブ』の部があります。

『ラブラブ』の部はとてもわかりやすい。カップルで二人三脚です。もう一度書きます、カップルで二人三脚です。二人三脚で5時間走です。ほとんどのカップルがケンカになるのが目に見えています。そういう人たちのために2組のカップルでリレーする『スーパーラブラブ』の部があります。友情も愛情も一気に手放したいあなたのための大会です。いや、きっとこの日を境に一気に結婚なんてあるかもしれません。気になるあの娘を極寒の富士スピードウェイに誘ってみてはどうでしょう。

P1084904

さて問題の『ムカデ』の部ですが、そうムカデなんですよ。4人が前後に連結して足をつながれる。その状態で5時間走。富士スピードウェイを走ったことのない人に言っておきます。軽く見ると泣きをみます。ママチャリで60キロ出る下り坂、半端ないです。バンクはただの上り坂です。上り坂は壁です。フォーミュラカーのように華麗にコースを駆け抜けるムカデは存在しません。たぶんどのチームも1回は転倒します。素敵やん。青春の1ページにどうでしょう?

もし、このレースとスーパー・ママチャリグランプリに興味がある人は連絡ください。おいらは5時間個人の部にエントリーしたので、ラブラブやムカデにはなれませんが、ママチャリグランプリのメンバーは随時募集中。11日のマラソン後、再入場してそのまま富士スピードウェイのピット内で夜を過ごします。2日連続、富士スピードウェイを満喫できる最高の企画です。うずうずしてきたでしょう?興味があればぜひ連絡ください!

スポンサーリンク