ハダシストが花蓮太平洋縦谷マラソンにエントリーした理由

Child 2553539 640

花蓮太平洋縦谷マラソンにエントリーしました。前の週に台北マラソンがありますので、抽選に当たれば台湾で2週連続フルマラソンを走ってきます。

ただ、花蓮太平洋縦谷マラソンを走れるなら台北マラソンは当たらなくても気にしません。やはり今年は花蓮に行くことに意味があります。

今年の2月6日に花蓮で地震が発生したのを覚えている人はどれくらいいるのでしょう?その後、日本でも自然災害がいくつも起きましたので、半年も経過していないのに忘れている人もいるかと思います。

もちろん自分の国のことではないので、最初から気にかけていない人も多いかもしれません。台湾が好きだという人が気にしていたくらいで。それはそれで仕方のないことではあります。

Sky 3541443 640

ただ、日本で自然災害が発生するたびに、台湾の人たちは義捐金を集めて日本に送ってくれます。反対に花蓮地震のときは多くの日本人が募金をしましたが、実際に足を運んだという人はあまりいません。

台湾の西側を旅する人はいても、なかなか東側に行く人はいません。もともと日本人が行くことのない花蓮ですので、いくら地震があったからといって、わざわざそこまで行く人はかなり少数派です。

もちろん花蓮まで行ったという人もゼロではありません。ただ、台湾に行く人がこれだけ増えた中では、あまりにも少ないかなというのがわたしの印象です。

台湾にそれなりの回数行っているわたしでも花蓮に何があるのか知りません。名前は聞いたことがあっても震災まではその存在を気にかけたこともありませんでした。

Taiwan 2696156 640

あと景色がいいところだと台湾のラン友さんから聞いています。

でも震災の後はこれまで以上に観光客が集まりにくい状態にあるとのこと。だったら行くしかないじゃないですか。自分の足でその地を走り、花蓮の人たちと一緒に42.195kmの旅を楽しむ。

美味しいものを食べて、素敵な景色を見て。

ランナーだからできる支援の形。いや、これはもう支援ではなく友情というものに近いかもしれません。居ても立ってもいられないから花蓮に行く。ランナーだから、走れるのだから。

他の自然災害もそうですが、基本的に大変な思いを完全に理解できるなんてことはありません。それぞれの人が抱いている苦しみは、それぞれの人のものです。

Taiwan 2846624 640

その苦しさを変わることはできないけど、喜びや笑顔をひとつ増やすことはできます。

裸足のカッパが花蓮の地を走ることで、そこにいくつかの笑顔が生まれるかもしれません。わたしは華やかな走り方も出来ませんし、上位を争う走力もありません。ただ誰よりも笑顔で42.195kmを走れる自信はあります。

わたしが楽しそうに走ることで、劇的に何かが変わることはありませんが、一緒の道を走るランナーや沿道にいる花蓮の人たちが一瞬でも笑ってくれればそれで十分です。

東日本大震災の数年後に仙台に行ったとき、あれから数年経過しているのに街全体の雰囲気が沈んだままでした。街はきれいになっても、人の心はすぐには元には戻りません。

いや、元に戻ることなんてもうないのでしょう。それぞれが震災で背負ったものをなかったことにはできませんので、そこからまた笑顔を積み重ねることで背負ったものの比率を小さくしていくわけです。

Portrait 787522 640

物理的な支援という意味なら、花蓮に行かずにその費用を募金でもしたほうがいいのでしょう。でも、わたしたちはお金だけで動いているわけではありません。お金は必要ですが、お金では手にすることができないものが確実にあります。

花蓮で走るのはそれを届けるためです。

わたしのすることは自己満足でしかありません。そんなことは重々承知のうえで花蓮太平洋縦谷マラソンにエントリーしました。だって台湾が好きだから。台湾の人たちのことが好きだから。

もし同じような気持ちがあるのなら、一緒に花蓮太平洋縦谷マラソンを走りませんか?ランニングウェアに日の丸をつけて、走りで自分の気持を伝えましょう。長い距離を走れない人でも5km、10km、ハーフマラソンもありますよ。

花蓮太平洋縦谷マラソン申込み:EventPal


台湾の朝ごはんが恋しくて: おいしい朝食スポット20と、簡単ウマい!思い出再現レシピ
著者:台湾大好き編集部
楽天ブックス:台湾の朝ごはんが恋しくて おいしい朝食スポット20と、簡単ウマい!思い出再現レシピ [ 台湾大好き編集部 ]

スポンサーリンク