やっぱ鹿児島だな!〜鹿児島マラソン2019レポート〜

IMG 9226

3回目の鹿児島マラソン。 過去の2回は鹿児島の粗い路面に悩まされてきましたが、今年はそれに加えての裸足練習不足。2月の愛媛マラソンに集中していたのもあり、2週間前からの突貫工事でした。

そんな練習で乗り切れるほど甘くないとは分かってはいるものの、後悔先に立たず。やれることをやって迎えるしかありません。だから前夜祭を満喫したわけです(やれることは、楽しむことだけという判断……)。

前夜祭で振る舞ってもらった焼酎は7杯。その後に食事に行ってビールを1杯とゲストハウスに戻り、このタイミングで日本縦断しながら鹿児島にやってきてしまったスイス人を交えて、また1杯。

もう走らなくてもいいのではないかと思ったものの、朝にちゃんと目覚めてしまったので、仕方なくスタート地点に向かいました。

P3020054

前日の雨の影響で路面は冷たく濡れているものの、雨は止んでおり絶好の裸足日和でした。ゲストハウスからスタート地点までの数百メートルだけで、足裏がヒリヒリしていましたが。

スタートブロックはBでしたが、安定の最後尾スタート。

裸足で前のブロックにいるのは迷惑でしかありませんし、全身から芋の香りが漂っているわけです。普段はビールしか飲まないわたしが、1年で唯一芋っぽくなる1日。

泣いても笑ってもスタートラインに立ったわけです。こうなったらもう走るしかありません。痛いとか痛くないとかは後から考えればいいと腹を括り、よーいドン。

P3030059

勝手知ったる道ですので、リラックスして走り出すことができました。スタート直前に噴火した桜島が雲に隠れて見えないのが残念なくらいで。

火山の噴火なんて始めて見ました。鹿児島市の粋な演出だったのでしょうか?

走りは順調だったと思います。「思います」というのはGARMINを持ってくるのを忘れて、ペースを確認をしなかったためです。持っていても使っていないかもしれませんが。

最近はペースをあまり意識せずに走っています。シューズを履いているときも。1分1秒を削るための緻密な計算をするというタイプではないので、体の声と実際の体力、うまく整合性をとれるようになりたいなと。

P3030061

そもそも鹿児島マラソンのように粗い路面を裸足で走る場合には、ペースなんてなんの意味もありませんから。

路面が比較的フラットな前半は、そこそこ快調な走りができていたと思います。ランナーズアップデートがありましたので、5kmごとのペースをチェックみましょう。

05km 38:13
10km 33:48
15km 33:00
20km 33:13
25km 32:11
30km 40:25
35km 33:41
40km 34:14

こうやって見ると、最後まで極端にはペースは落ちてないですね。後半はけっこうダレてたと思ったのですが。5kmまでと25〜30kmでペースが遅いのは私設エイドに行ったから。35〜40kmもエイド分の遅延です。

P3030081

5km手前に鹿児島黒牛の焼き肉エイドがあり、30km手前には大きな私設エイドが並んでいて、そこに寄り道していたら……でも、美味しいから食べないなんて選択肢はないんです。

走って鹿児島マラソンは体重が増える 大会。そういえば指宿の菜の花マラソンも体重が増えるという噂。振る舞い酒といい、鹿児島の人たちはおもてなしの度合いがちょっと飛び抜けています。

日本列島の端だから、他の地域の影響を受けにくいのでしょうか。鹿児島には日本人らしさが強く残っているような気がします。

鹿児島マラソンの魅力といえば、ボランティアの学生さんたちとのハイタッチ。わたしのような中年のおっさんランナーが合法的に若者とふれあえるわけです(いえ、決して深い意味は……)。

P3030071

とにかくみんな元気なんです。どんなに足裏が痛くても、痛い顔や頑張っている顔を見せたくなくなるくらいにフレッシュでキラキラしてて。

学生時代の貴重な1日をマラソン大会に使ってくれる。そしてずっと声を出し続けてくれるわけです。「河童さん、裸足で頑張って!」「河童さん、すげー!」テンションが上りまくります。

ときどき「河童、がんばれ!」と上から目線で呼び捨てにする女学生がいて、「こう見えて人生の先輩なっ」と小一時間説教しようと思いましたが、それも含めて楽しいわけです。

でも、今年は学生だけでなく、沿道の声援もいつもよりも密度が濃く、どれだけの声援をもらえたか分かりません。これがあるから裸足で走れるわけです。

P3030135 2

小さな子が一生懸命に手を伸ばしてハイタッチを求めてくるので、嬉しくなって路面の粗さなんて気にせずに右に左にと大忙し。いったい、どれだけ余計に走ったことか。

ただ、ラスト3km地点にあった時計で、頑張れば5時間以内で走れる可能性があることを知ります。そうなると最後はそこに向けての全力疾走でした。

足裏が痛いので、もはや普通の路面を歩くことすら難しい状態。痛み回避のために沿道沿いの白線上を走るから、沿道との距離が近くなって、よけいに声援をもらえます。

残り数百メートルで4時間58分30秒。間に合うか間に合わないかのギリギリのライン。

P3030158 2

「あの角を曲がれば、あとはゴールに駆け込むだけ」

そう思って最終コーナーを曲がったところで、路面は白線のない鋭利で凶暴なアスファルト。流石に無理でした……そこからの200mは大失速。薄氷を踏むようなスローラン。

ゴール前に集まった応援の人たちに、痛いのを悟られないようにするために余裕の表情で「ゴール前のランをゆっくり楽しんでます」雰囲気を作ってみたものの、顔は明らかにひきつっていました。

5時間1分57秒。

最後尾スタートだったので、ネットタイムは4時間51分37秒で5時間を切っていますし、昨年よりも30分近くタイムを縮めているので、そこそこいい走りができたのでしょう。

P3030207 2

42.195kmを裸足で駆け抜けたわたしに、マラソンの神様からのご褒美が待っていました。

「裸足すごいですね、足裏は大丈夫ですか?」と、後ろから話しかけられ、「痛いけど大丈夫ですよ」と答えながら振り向くと、そこには大好きな千葉ちゃんの姿が。

千葉ちゃんは好きすぎて、いつも目を合わせることもできないんですが、完全に不意打ちでした。あの子はきっと天使の生まれ変わりだと思う。もしくは可愛いの天才か。

鹿児島マラソンは今年で最後なんて思ってたけど、こんないい思いをさせてもらったらやっぱりやめられない。

IMG 9217

さらに今年の鹿児島マラソンは後夜祭も用意されてました。後夜祭は焼酎1杯&エビの唐揚げが無料で振る舞われたんですが、レース後の大雨によって会場には人が少なく、エビの唐揚げはお代わりし放題。

もう、おもてなし感が半端ないです。鹿児島マラソンに来て前夜祭と後夜祭に出ない人もいるようですが、ただただもったいない。後夜祭の締めには大迫淳英さんの演奏があり、グッとくるものがありました。

今回泊まったゲストハウスもかなり居心地が良かったので、また泊まりに行きたいわけです。田中カレーもまた食べたいし。

東京マラソンと同日開催が続くかと思いますが、わたしはやっぱ鹿児島マラソンだな。まずは抽選に当たらなくてはどうにもなりませんが……外れても行くのは自由ですから。


「たび活×住み活」in鹿児島―読むと行きたくなる。行くと住みたくなる 
著者:大沢 玲子
楽天ブックス:たび活×住み活in鹿児島 読むと行きたくなる。行くと住みたくなる [ 大沢玲子 ]

スポンサーリンク