横浜マラソンでは裸足で走ることは「ご遠慮ください」というが…

IMG 0430

横浜マラソンは裸足で走ることを遠慮してほしいそうだ。Goo辞書によると「遠慮する」は1.人に対して、言葉や行動を慎み控えること 2.辞退すること とある。まぁ要するに裸足で走るなということだ。なぜ禁止事項ではなく遠慮することなのかはまったくわからない。

最近、いろんな大会で履物に関する規制がある。愛媛マラソンは下駄が禁止で草履で走った人が草履もダメだと言われたとか。おそらくこれからさらに多くの規制が入ってくるのだろう。そこに何の意味があるかはわからないが、シューズメーカーの圧力でなければ、おそらく深い理由があるのだろう。

そういうルールを設ける分には勝手にやればいいと思う。でも、今回の横浜マラソンに関しては事前にそういう告知もなく、送られてくた案内に記載されていただけだ。わたしは普段、案内なんてほとんど目を通さないが、ランニング仲間が教えてくれたから気づけたようなものだが、聞いてなければスタートラインに立てなかったことになる。

いやそもそも裸足で走れるのが前提なのがおかしいんじゃないかと思う人もいるかもしれないが、逆だ。日本陸連の陸上競技ルールブックにはこうある「競技者は、裸足でも、また片足あるいは両足に靴を履いて競技 をしてもよい」裸足で走ることは公式のルールブックにより許可されているのだ。正確にはシューズを履くことを許可している。

ルールを変更することも時には必要だろう。それもかまわない。でも、それに対するフォローはすべきだろう。少なくとも今回のような場合は、ある一定の範囲で返金も必要じゃないだろうか。裸足で走れないことを理由に辞退する場合、法的に考えても契約時に明示していない項目の追加だからこちらは解約できる権利もあるはずだ。

いや、別に解約したいとかお金を戻してほしいと言いたい訳じゃない。そういう姿勢を見せてくれなければ、「横浜マラソンは勝手にルールを変更するから信用出来ない」、「もうエントリーしない」というランナーが出てくることをイメージ出来ないのだろうか。それは横浜マラソンに限ったことではない。「信用」を甘く考えすぎている。

とはいえ、このブログで愚痴っていても仕方がないので横浜マラソン実行委員会事務局にメールは出してみた。裸足で走れなくなった経緯を公表してほしいと。正直、それだけで済む話なのだ。理由があれば裸足ランナーだって渋々かも知れないが受け入れるだろう。そういうものを伝えもせずに一方的に「遠慮してほしい」なんておかしいだろう。

ただ、回答によってはわたしは横浜マラソン出場そのものを遠慮しようかと考えている。そして今後一切横浜マラソンと関わりもしない。わたしは信用出来ない人や組織とは一切関わりたくない。もちろん、横浜マラソンを信用できるかどうかはこれから判断することになるのだが。

スポンサーリンク