本当にシーズンオフ?6月までに6レースあるんですが…

P8056094

インフルエンザからようやく回復の兆しが見え始めました。まだ完治には程遠いですが、ランニングは再開できています。39℃を超える熱が続いたことで体のどこかが壊れてしまっているのでしょう。アラフォーにもなると熱が引いたからはい前と同じねというわけにはいかないようです。ただ、シーズンも終わり減量の必要もなくなりました。練習内容も裸足で自由に走れるのでキツさはありません。それほどしないうちに元の体に戻るはずです。

シーズンが終わったことで、これからは裸足と超長距離に望むことになります。

4/19 COLOR ME RAD
5/1 万里の長城マラソン
5/18 第3回 飯能ベアフットマラソン
5/25 第31回カーター記念黒部名水マラソン
6/8 飛騨高山ウルトラマラソン
6/21 夢の島24時間

この時期にこんなにも大会が入っているのは初めてです。COLOR ME RADはマラソンのお祭りのようなものなのでレースには含みませんが、万里の長城マラソン以降は消耗の激しいレースが続きます。飯能ベアフットマラソンは裸足の全日本選手権で裸足でトレイルを18キロを走ります。

カーター記念黒部名水マラソンは裸足でフルマラソンに挑戦です。目標は4時間以内でのゴールです。足裏さえできていればさほど難しい目標ではないはずです。飯能ベアフットマラソンとこのカーター記念黒部名水マラソンまでにしっかりした足裏を作ることが当面の目標になります。裸足の総仕上げは夢の島の24時間マラソンです。最低でも100キロ以上を裸足で駆け抜けます。

ウルトラマラソンへの初挑戦もあります。万里の長城マラソンもそうですが8時間以上走り続けられる体を作らなくてはいけません。スピードはまったく必要ありません。とにかく長い時間走れる体がなければウルトラマラソンも万里の長城マラソンも完走が見えてきません。

足裏づくりと長距離。これが4月以降の練習課題になります。1週間に1度は50キロ以上走る日が必要ですし、30キロ走る日も作らなければいけません。金土日のいずれかに6時間走をし、水曜日に30キロ走をする感じでしょうか。合間のジョギングを裸足で10キロ前後といったところでしょうか。シーズンオフだというのに走りこみの量は倍近くに増えているような気がします。

でも、ここでしっかり足を作っておけば夏の旅ランもこれまで以上に楽しいものになるでしょう。夏休みにどこを走るかはまだ決めていませんが、走りたいところはたくさんあります。走りたい場所を走れるだけの走力を身につける。これが夏までのテーマです。38歳、まだまだ進化の余地はたくさんあります。いや、むしろいまが伸び盛りと信じて走りこむことにします。
 

スポンサーリンク