天草旅行記2021【のさりの島・天草には何があったのか】

  • 2021.06.25
  • (更新日:2021.06.24)
  • TRAVEL
天草旅行記2021【のさりの島・天草には何があったのか】

天草旅行の後半についてブログでほとんど触れていなかったので、きちんと旅行記としてまとめておくとします。特別なことがあったわけではないですが、映画「のさりの島」を観て、行きたいなと思っている人もいるはずなので、できるだけ簡潔に。そして読みやすくまとめるとしましょう。

Advertisement

移動だけで終わった初日

本当は白龍走に出るはずでしたので、フライトは熊本まで。天草をメインにすると決めたのが数日前に映画「のさりの島」を観てからだったので、スケジュールがかなりドタバタです。ホテルを予約したのも前日。それまでは車中泊のつもりだったのですが、レンタカー屋さんから「軽自動車をレガシーにしてほしい」との話。

レガシーは車中泊できそうにないし、朝ごはんの調達を考えたらホテルがいいと判断し、天草市の繁華街近くにあるホテルサンロードに2泊で予約しました。2泊で1万円で朝ごはん付き。そこそこリーズナブルなお値段です。拠点としては正解だったような気がします。部屋は和室を選べましたし、改装したばかりできれい。

フライトは土曜日の14時55分羽田発。空港に到着したときに、ほとんどの便が欠航になっていたので、何かトラブルでもあったのかと思いましたが、コロナ禍で減便しているだけなのでしょう。フライトは問題なく16時45分に熊本空港到着です。熊本空港は改装中なのか、プレハブになっていて過去の記憶と1ミリも重なりません。

すぐにレンタカー屋さんに連絡して、お迎えに来てもらい、レンタカーに乗り込んだのが17時30分です。私の予想では20時には到着できるつもりでしたが、カーナビによると到着予定時間は21時。ちょっと焦りましたが、急いでも仕方ないので安全運転で天草に。距離は100km程度。

途中で島原に沈む夕日を眺めていたりしたら、結局ホテルに着いたのが20時30分。ナビの予想よりは早く着きましたが、もう観光する余裕もなく、とにかくビールを飲むために近くの居酒屋「我流」へ。とにかく店が開いてればいいと思って選んだら、地元のものはあまりなく、ちょっとしたダイニングのような感じ。味はいいんですけど魚を食べたかった……

天草で暮らしてたら、きっとちょくちょく来る感じのお店なんですが、観光だと魚を食べたかったんです。まぁわがまま&リサーチ不足ということで、ビールを2杯ほどいただいてその日は終了。いや、コンビニで台湾ビールを買って部屋飲みしましたが、まぁ初日は何事もなく。

Advertisement

2日目はウニ丼を目指す旅ラン

2日目の当初の予定は26km先の富岡城まで走るつもり。往復で52kmくらいですが、朝イチでスタートすれば大丈夫かなと。ただその目論見はスタートして5kmも行かないうちに崩れます。銀天街から祇園橋、本渡諏訪神社と近場を巡って、そのあとに殉教公園から天草市立天草キリシタン館見学をしてたら、あっという間に2時間経過。

特に天草市立天草キリシタン館は知らなかったことばかりなので、とにかく時間がかかりました。

これはどう考えても52kmは無理だと判断し、とりあえず行けるところまで行こうと。この往路は本当に何もない道なのですが、とにかく空が広くて、道は笑ってしまうくらいのアップダウン。そしてこの日の最高気温は30℃。変なテンションになって走ってました。ここまでは最高に楽しい時間でした。

鬼の城公園のキリシタン墓地を訪れて、そこから少し下って川沿いを海へと向かいます。この頃はまだ調子良かったんですが、徐々に暑さにやられ始めます。そして道の駅「天草市イルカセンター」に到着した時点で半分ギブアップ。1時間後にイルカウォッチングの船がでるというので、それに乗ることにしました。

実は乗るかどうか迷ってたんですが、海を見たらもう迷っていたことも忘れて、イルカに会わなきゃモードに。でも絶対に会えるわけではないと言われていたので内心ドキドキ。ところが海に出たらすぐにイルカの群れに遭遇。後で知りましたが、この時期は毎日のように見れるらしく、無駄なドキドキでした。

もうランニング気分じゃなかったので、そこからは少し先にある「天草生うに本舗 丸健水産」を目指します。ほら、旅ランで大事なのは食事ですから。前日に魚を食べられなかったのもあって、迷うことなくお刺身付きのウニ丼のセット。ウニはこの時期だけのムラサキウニ。他にも美味しそうなものがいっぱい。

天草で暮らしたら、1ヶ月に1回のごちそうを食べに来たいお店。ウニ以外も美味しい!完全に満腹丸で、あわよくばここからバスに乗って帰ろうかと思ったのですが、間が悪く目の前をバスが通過。次は1時間後なので走って戻ることに。早く戻れたら車に乗って﨑津集落まで行くつもりでしたが、それもここで断念。すべてが思い通りに行きません。

そして走って戻ることにしたものの、日差しがあまりにもきつくて全然ペースが上がらず、最終的には歩きはじめる始末。この時期はまだ暑さに体が慣れてないので仕方ないですね。結局ホテルに戻ったのが17時。ひと休みして食事……とはいかず、夕日を見るために車で移動。

天草夕日八景のひとつ「下田の夕陽」がお目当てでした。ただ40分かけて移動したのに、到着してすぐに太陽は雲の中へ。それでもまぁ、きれいだったので良しとします。夕日ばかりは運次第ですから、また今度見れると信じています。そこからまた40分かけてホテルに戻ります。

やっと夕食ですが、今度は日曜日なのでお店が半分以上閉まっていて、運良く開いていた「藤家」へ。こちらも地元の食材は少なめでしたが刺し身があり、料理も全部美味しい。もしかしたら天草も水がいいのかもしれません。島なのであまり期待していなかったのですが、山が多いので湧水や地下水などが豊富なのかなと。あとはBGMが90年代ソングなのが嬉しい。

お客さんは私の他は1組だけ。カウンターに座ったので見えませんでしたが、医療関係者の女性2人だったようで、地元の話とか聞きたかったんですが、医療関係者に関東から来た人間はNGだろうと断念。こういうところがコロナ禍になって悲しいところです。これまでは一期一会の出会いがありましたが、それができません。

この日はビール1杯と日本酒1合で終了。もちろんコンビニでビールを買って帰えったのは言うまでもありません。

Advertisement

3日目は3333段の階段を断念して天草観光

本来なら3日目は昼前に天草を後にして3333段の階段に挑むつもりでした。でもまだ﨑津集落にも大江修道院にも行ってきません。まずはそちらを巡ってからということで、後のことは観光しながら考えることに。サクッと回れたら階段も行けるかななんて甘いことを考えていました。

ホテルで朝ごはんをいただき(これがまた美味しいんです)、早々にチェックアウトを済ませて﨑津集落を目指します。その途中に映画「のさりの島」でも出てきた、道の駅「宮地岳かかしの里」へ。ここに来たらかかしを見ないわけにもいきません。まぁここのかかしたちがすごくイキイキしてるんです。本当に人間かと思うほど。ヘタウマな感じで、でも表情豊か。

そして次は天草コレジヨ館。コレジヨというのは聖職者育成のための神学校です。切支丹への弾圧があり天草に建てられた歴史があり、そのときの資料などがいくつも。こういうところでは本当に時間をかけて見るので、絶対に他の人とは一緒に行けません。マイペースで見れるのが1人旅のいいところ。

そしてようやく﨑津集落。ここですでに11時30分。もう3333段の階段は無理です。そうなればとことん見て回ろうと、カトリック﨑津教会を見学した後は、約500段の階段を上ってチャペルの鐘展望公園へ。﨑津集落に来たらここは必須ですね。ちゃんと教会も見えますし、エメラルドグリーンの海もきれい。おにぎりを持って上ればよかったです。

ここからは時間の許す限り観光しようと、天草ロザリオ館、大江天主堂へと移動します。高台にある大江天主堂は本当に美しくて本当ならもっとゆっくり見たいところ。コロナの影響で中にも入れずでしたので。時間があまりなかったのですが、最後に西平椿公園のラピュタの木へ。

じゃ~ん!

誰が見つけたのかはわかりませんが、アコウの木が大きな岩に絡みついていて、生命力にあふれている感じが素敵でした。でもこういうのが実は天草の山の中にいっぱいあるんじゃないかと思ったり。ついでに海も眺めていたら、もうかなりの次官になっていて、車でカーナビをレンタカー屋さんにセットしたら、到着予定時刻が18時。

レンタカー返すの17時30分なんですが……

往路は下道ばかり通りましたが、今回はそんなことも行ってられません。有料道路と高速道路をフル活用して、昼ごはんも食べずにひたすら運転。なんとか17時過ぎに戻ってこれて、今回の旅は終了となりました。終始ドタバタしていたような気がします。でもこれで天草の距離感がわかったので、次回はもっと無理のないスケジュールを立てられそうです。

今回は下天草だけでしたが、今度は上天草も行ってみたいですし、下天草でもまだ見ていないところがあります。ちゃんと観光するなら3泊4日くらい欲しいところですね。でも1度で全部まわる必要はありません。やり残しがあるからまた来たくなるものです。何度も来ていれば、ここで暮らすチャンスができるかもしれませんし。

ちなみに下天草の主要道路をぐるっと1周すると135kmあるとかないとか……春とか秋のチャレンジならやってみたいところ(何を?)。でも寄り道できないしなぁなんて考えています。いずれにしてもこれから何度も行くことになるはず。そういう場所ができたことが純粋に嬉しく、人生の選択肢が増えてワクワクした2泊3日の旅となりました。

あまり天草の良さを伝えられませんでしたが、写真で何か伝わればいいな。

Advertisement

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

TRAVELカテゴリの最新記事