美味しいものに出会えるから旅ランも食いしん坊もやめられない

  • 2021.11.14
  • (更新日:2021.11.15)
  • TRAVEL
美味しいものに出会えるから旅ランも食いしん坊もやめられない

おかやまマラソンの代わりに走ったサイクリングの倉敷・玉野シーサイドルート。トータルで92kmなので早起きして1日で走り終えようと思いましたが、つい寄り道癖が出てしまい60kmで終了。気持ち悪いから、今日の観光の予定を返上して残りを走ってきます。それはともかく、楽しい1日でした。詳細はRUNNING STREET 365に書きます。

今日は海鮮丼が美味しかったという話を延々とします。これまでの人生でもっとも美味しかったのは冬の八幡浜で食べた海鮮丼。魚の身が締まっていて美味しかったのですが、まだ冬になる前なのにそれを上回る海鮮丼に出会いました。こういうことがあるから旅ランと食いしん坊はやめられないんですよね。食べ物を美味しいとか美味しくないとかいうのは品がなくてよろしくないんですが。

そのお店は鷲羽山の先にあります。瀬戸大橋から観覧車が見えるのを知っている人もいるかもしれませんが、あの観覧車があるのが鷲羽山です。倉敷から鷲羽山まで30km程度なんですが、途中から山野道に入るので補給ができないという大変な状態に。水分は自販機で買えますが、食べ物を買えません。

瀬戸大橋までたどり着いたときには、迫力が凄くて興奮して空腹を忘れてしまいましたが、鷲羽山の展望台に到着したときには空腹がMAXになってしまい、なんでもいいから食べたくてレストランに入ろうとしたら、なんと営業停止中。もうがっかりもひどいものですが、とりあえずシューアイスで血糖値を上げておきます。いま思えば、このシューアイスすらもったいなかった。

Advertisement

なぜならその直後にドリカフェを見つけたから。道路沿いに美味しそうなうどん屋さんがあって気になったけど、その裏に入ったところに評価が高い海鮮丼のお店があるとGoogleさんが教えてくれます。評価に目を通すのが面倒だったので、リーズナブルというひと言が目に入ってきてこちらに変更。まあ混んでたらうどんにすればいいだけなので。

海鮮丼は名物の「豪快ドリカフェ海鮮丼」が1,800円(税込で1,980円)で、どこらへんがリーズナブルなのかと口コミに文句を言いかけましたが、小鉢なども付いているし、とにかく空腹だったし、席も空いてたから入店。席が空いてるとはいえ、1人やから隅っこの1人用の席を選んだら「そんな狭いところじゃなくて、こっちを使いな」と広い席への移動を促してくれました。

このお店は名前からも想像出来るかと思いますが、DREAMS COME TRUEのファンであるオーナーさんが作ったお店。ドリカムグッズがきれいに並べられていて、大きなテレビでドリカムのライブが流れています。「ちゃんとドリカムが見える方がいい」とのこと。もうこの時点でいいお店に決まってるじゃないですか。

もちろん「豪快ドリカフェ海鮮丼」を注文。旅でケチるのは1番かっこ悪い。食べたいものを食べればいいんです。高くても働けばいいだけですから。まだ12時になったばっかりでお客さんも少なかったのもあって、すぐに出てきました。実物を見て1,800円を高いなんて思った自分に島流しを申し渡そうかと思いました。海鮮丼から刺身がこぼれそうになってますが、もうアートかと思うくらいキラキラしてます。

Advertisement

そしてひと口食べてみたところ、どうやら島流しでは済みそうにありません。魚が美味しいのも分かるのですが、明らかに普通の海鮮丼と違います。おそらくですが、ご飯がまったく違うんです。程よい暖かさと甘さ、粘り気など、海鮮丼に最適なご飯になっています。これだけでも、過去最高の海鮮丼だと言えるのですが、小鉢も全部美味しいんです。濁りがないと言えば伝わるでしょうか。

優しい味かと言えば、そう表現できないこともないのですが、多分それだと不正解。素材と調味料が抜群のハーモニーで、いったいどんな味覚してるのかと、ちょっと狂気すら感じるレベルの完璧な味。もちろん私の舌にあうだけのことで、他の人も同じように感じるのかは分かりません。ただ、失礼ながら「なんでこんなに美味しいんですか?」なんて聞いてしまいました。

失礼は承知、答えが返ってこないのも承知。ただ、聞かずにはいられなかったんです。「やっぱりLOVE LOVE LOVEかな」と見事にかわされました。席も埋まってきてるのにいろいろ話をしてくれて、その中でおかやまマラソンの存在を知らなかったことが発覚。それで理解しました。オーナーさんは本当に好きなこと以外削ぎ落としているんです。今の私に足りないもの。

きっとドリカムと美味しいものを作ることに人生のすべてを賭けている。実際にどうかは知りません。でも、そうだとすれば味に濁りがないのも分かります。レシピ通りに作るなんてことをするのではなく、レシピを超えたプロの領域で戦っている人。いそうにもない人がいそうにもないところにいるものです。またひとつ、きっかけをもらいました。やっぱり旅ランはいいなぁ。食いしん坊もやめられそうにありません。

ドリカフェ:https://tabelog.com/okayama/A3302/A330201/33015394/

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時(2022年1月からは水曜日19時〜)
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

TRAVELカテゴリの最新記事