鹿児島ランのスケジュール変更【越すに越されぬ田原坂】

  • 2022.02.16
  • (更新日:2022.02.15)
  • TRAVEL
鹿児島ランのスケジュール変更【越すに越されぬ田原坂】

3月5日から9日まで鹿児島のはずが、3月3日から5日まで境港で取材が入りました。さて困りました。いえ、本当は困っていないです。こういうときにいろいろ考えるのは好きなので。しかもどうするか決める工程が、ブログのネタになります。

前回も境港から岡山に移動だったのですが、きっとその取材チームの人には旅ばっかりしている人だと思われてそうです。間違ってはないのでいいのですが、普段は毎日10km家の近くを走っているだけ。全然関係ない話ですが、ANA Pocketがアップデートされてバグがだいぶ解消されました。

さて本題。どうやって境港から鹿児島まで行くか。まずは羽田から鹿児島までのフライトはキャンセル。これを書きながらキャンセルしました。ANAなのに片道7,000円ちょっとという格安のフライトだったのですが、まぁ仕方ありません。

さて境港から鹿児島までのアクセスです。終電は15時23分で移動時間は8時間17分などと申しております。料金は22,330円で悪くありません。でも5日もそこそこ取材があるでしょうから、これは無理です。というわけで5日の夜のホテルはキャンセル。5日から2泊なので6日の夜は予定なし。

Advertisement

往路は大阪経由なので、復路も大阪まで送ってもらうとして、6日に大阪から鹿児島に移動するとしましょう。新幹線で大阪から鹿児島中央まで4時間。悪くはありませんが料金が21,780円。じゃあ夜行バスと思いましたが、大阪から鹿児島行きの夜行バスはなく福岡経由。ただこれは1万円以下。

大阪から飛行機で鹿児島に行くならどうでしょう。ピーチが6,380円で預け荷物1個OK。ただし7時のフライトです。難波から関西国際空港までの始発で、関西国際空港到着が6時過ぎなのでNG。でも関西国際空港内にカプセルホテルがあるので、それでいいかもしれません。6,000円かかりますが。

空港のベンチで寝れるなら、それでも全然いいのですが、関西国際空港は初めてなので勝手がわからず。まぁもう少し調べるとしましょう。神戸からスカイマークに乗るという選択肢もありますが、空港に泊まれるならピーチで問題ありません。

問題は鹿児島でのスケジュールです。早朝に鹿児島に着くわけですが、これならその日のうちに甑島に行くことも可能。ただ、甑島の理港へのフェリーは11:20と16:40。11時20分は間に合いそうにないので、16:40に乗るしかありません。

Advertisement

だとすると1日目は鹿児島に泊まって、鹿児島の美味しいものを食べるというのも選択肢のひとつ。前日のうちに甑島に入れるメリットは翌朝の早朝から走れることくらい。甑島はそもそも2泊なので、そこまでする必要があるかどうか悩ましいところ。

あとは当初の予定通り、初日に「曽木の滝」を目指すのもありです。曽木の滝までの往復35kmを走って、夕方に串木野周辺もしくは鹿児島周辺に宿泊というのもありです。ありというか、むしろそのほうがいいのかもしれません。これはもう少し悩みそう。

思い切って甑島3日にして、初日は宿泊せずに甑島をナイトラン……はやめておきましょう。普段ならそれもありですが、コロナ禍にやるようなことではありません。右も左も分からない場所ですし、やっぱり海を見ながら走りたいですから。

というわけで甑島は予定通り2泊。仮で曽木の滝までのランを入れるというスケジュールでいきます。とりあえずピーチのフライトを予約しました。こうやって次々と決めていけるブログって便利ですね。普通は決めたことを書く道具なんですけど。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

TRAVELカテゴリの最新記事