名水百選『御岳渓流』〜東京で名水と名酒に出会う〜

名水百選『御岳渓流』〜東京で名水と名酒に出会う〜

訪問日:2010年10月23日

IMG 0009

東京というと高層ビルやにぎやかな繁華街を思い浮かべそうになるが、ハイカーやトレイルランナーに大人気な高尾山も東京、都会の喧騒とはまったく逆の景色を見せる場所も少なくない。どうしても東京の山側になってしまうのだが、そこも間違いなく東京だ。そんな東京にも名水はある。実は東京には名水百選に選ばれた名水が2ヶ所もあるのだ。そのうちのひとつ御岳渓流(御岳渓谷)を今日は紹介しよう。

P9182587

御岳渓流は神奈川と東京の境を流れる多摩川の上流に位置する。新宿から1時間半、JR青梅線御嶽駅を降りれば、もう目の前が御岳渓流になる。もっとも新宿から特急に乗れば同じ時間で箱根湯本に行けてしまう。狭いように見えて実は思いのほか広いのが東京だ。ただ、ここまで来れば排気ガスもなければ、ぶつかるほど近くを人が歩くこともない。ゆったりとした時間が流れいつもの早足も自然とおっとりとした足取りになる。

P9182585

川の両岸には4kmの遊歩道がある。季節によってカヌーを楽しむ姿を眺めながら散策することができる。川の岩場でお弁当を広げる家族もいる。犬に水遊びをさせる人もいる。誰もがそれぞれの非日常を満喫しているように見えてくる。もちろんその景色が素晴らしいのは言うまでもない。流れる清流をどれほど眺めていても飽きることはない。渓谷を囲む山々が、どの季節でも自然のど真ん中にいることを実感させてくれる。この景色からは東京の高層ビルをイメージすることはできない。

PA232766

御嶽駅から川を下っていくと澤乃井で有名な小澤酒造の蔵がある。奥多摩の名水を使って作られる澤乃井は東京土産としても喜ばれる品のひとつだ。東京を代表する日本酒として世界に誇れる素晴らしいお酒が揃っている。この時期ならばひやおろしがいいだろうか。まずは味見という人に「きき酒処」で10種類近いお酒を5勺200円から楽しめる。最高級の梵はなんと500円で味わえる。平日なら予約で酒蔵見学もできる。

PA232760

そして小澤酒造は毎年10月に蔵開きを行っている。今年は10月25日に開催するそうだ。わたしも一度訪れたことがあるのだが、これは日本酒好きにはたまらないイベントだ。きき酒のできる満喫チケットはなんと1000円で購入できる。このチケットでほぼ全種類の澤乃井を楽しむことができる。もちろんきき酒なので全て呑んでいると味がわからなくなり、お酒に弱い人は最後の梵にたどり着く前に酔いつぶれてしむだろう。

PA232809

名水に名酒を楽しめる御岳渓流。秋の休日を過ごすのにこれほど適した名水はそうそうないだろう。きき酒のあとに間違って川に落ちないことだけは気をつけなくてはいけないが、お弁当を持って仲間と遊びに出かけてはどうだろう。特に何があるわけではないが、何もしないのんびりな休日を過ごせることは間違いない。11月になればおそらく紅葉も綺麗になり、渓谷がいっそう賑やかになるだろう。

PA232822

東京にある名水百選。まだ行ったことのない人はぜひ訪れてほしい。

所在地:東京都青梅市御岳
アクセス:JR青梅線御嶽駅下車
環境庁選定名水百選:御岳渓流

TRAVELカテゴリの最新記事