災い転じて福となす?いそがない旅だっていいもんだ

P2080384

わたしは効率よく行動することが好きだ。仕事も可能な限りシンプルに、無駄なく結果を出すことを心がけている。旅も目的地までいかに効率よく最短で行けるかという視点で移動手段を選んでいる。ときには車中泊だったり、ときには乗り継ぎありの飛行機だったりと一見非効率に見えているようなことでも、わたしなりの考えだったりトライであったり、意味を持ってしていることが多い。そのうえで効率的でなければ次回に活かせばいい。それがわたし流の行動術だったりす。

P2080383

ところが、今回の愛媛行きは、期せずして効率とはまったく逆の旅をすることになった。

想定外の大雪。空港に着いてみれば飛行機が飛ばないことが確定している。しかも、天候は回復の兆しどころか午後に向けて雪は強くなる一歩との予報。そのときのわたしは幾つかのルートを検討し、ネットを活用してどれが最も効率的かを考えてみた。広島まで新幹線で、そのあと高速フェリーで移動。次は岡山まで新幹線で、そこから在来線の特急で移動。そしてもうひとつは、大阪まで新幹線で、そこからは飛行機で移動。

P2080394

おそらくもっとも早いのは大阪から飛行機に乗ることなのだけれども、新幹線が狙った時間に新大阪に着けるわけではない。飛行機はその時点で予約しておかなければいけない。最も早いとはいえギャンブル性が高い。フェリーは悪くない判断のひとつのような気がした。ただ、広島駅からフェリー乗り場までスムーズに行けるかどうかは疑問だった。もし広島も雪で動けなかったらどうするか。そう考えると岡山で乗り換えがベスト。

P2080411

そうやって効率だけを考えて、岡山経由で松山に向かうことになったのだ。ところが、新幹線はまったく進まない。新横浜までは在来線以下の速度で進んでは止まるを繰り返す。この時点で、愛媛マラソンの前日受付には間に合うかどうかがぎりぎりという感じ。とはいえ、焦ったところでできることは何もなかった。

そうなるといっそのこと旅を楽しんだほうがいい気がしてきたのだ。もちろん、むやみにゆっくりする必要はない。マラソン大会前日なのでビール片手というわけにもいかない。本を読んではfacebookで関東組の雪情報を楽しんだり、外の景色を眺めたり。とにかく贅沢に時間が過ぎていく。

P2080425

岡山で特急に乗り換えてからはさらにのんびりだ。お遍路で歩いた道を遡りながら、当時あった出来事を思い出す。日が暮れていく瀬戸内海の海をながめながら、こんなにゆっくりしたのはいつ以来だろうと考えてみた。とにかく目的につくことだけを考えていたここ最近の移動。最適解ばかりを探している日常。でも、無駄だと思える時間の中にしかないものがあることに気付かされた。

P2080442

旅をするということは何も、観光地を訪ね歩くことだけじゃない。自分自身を日常から解き放ち、いつもと違う非日常を経験することも旅における重要事項じゃないかと思うのだ。あたり前のように乗っている飛行機ではなく、陸路で松山を目指したことで、東京と松山の距離感を肌で感じられた。それがどうしたと思われるかもしれないけど、肌で感じるということに勝るものはない。理屈を頭で理解しているだけでは得られないものがある。

いそがない旅だっていいもんだ。今回のトラブルで自分の旅のスタイルに幅ができた。「災い転じて福となす」といったところか。また、ゆっくりとした旅に出てみたい。青春18切符でも買って、鈍行の旅をするのもおもしろいかもしれない。駅弁とお茶を手に車窓からの風景を眺めたり、愛読書を読みふけったり。ただそれだけの旅をしてみたい。

スポンサーリンク