雑貨好きな人たちが向かうべきは東京の新スポット『KITTE』だ

IMG 1677

東京駅が改修されて新しい観光スポットになっている。おいらも何度か東京駅に行くたび、そのかっこよさにほれぼれさせられている。しかし、東京駅にはほかにも人気のスポットが今年3月にできていた。その名も『KITTE』。名前からもわかるように郵便局に関するスポットというか、日本郵便が初めて手がける商業施設だそうだ。旧東京中央郵便局の局舎を一部保存・再生した建屋で東京駅と同じで、ふるさと新しさの融合してておもしろい。おいらは数日前までその存在を知らなかったが、実は知らないうちに2度ほど訪れていた。そんな人気スポットに行ってきたので紹介しよう。

1度目は「1日で巡るお遍路さんin丸の内」の時で、2度目は会社の研修で近くにある親会社の本社に行ったとき。どちらも早朝で店もほとんど開店前の状況に行ったので、そんな人気スポットとはまったく知らず。きれいな建物だなぁと感心したことを覚えている。おいらは情報源がネットしかないので流行のスポットとかいうに完全に疎い。流行りというのはメディアによって作り出されているんだとよくわかったよ。テレビを見ないと最新の流行には完全に取り残されていく。それで困ることはなんにもないけどさ。

IMG 1678

でもこの『KITTE』は知っておくべきだった。すごくいい。中央が吹き抜けになっているからか圧迫感がなくて、同じような商業施設の『渋谷ヒカリエ』とはまったく趣が違う。もちろん渋谷と東京じゃそこに集まる人のタイプが違うのでどちらが優れているということはないんやけど、おいらは圧倒的に『KITTE』のほうが居心地がいい。時間がなくてあまりお店を見れなかったけど、どのお店もゆっくり見たくなるお店ばかり。でも決して高級路線じゃない。かといってむやみに安さを売りにするお店もない。センスのいい庶民の商品が揃っているお店ばかりで見てるだけでも楽しい。

まず気に入ったのは地下1階にある『グロサリー諸国フーズプラザ』日本各地の加工食品が集まってて、例えばくまモンのインスタント熊本ラーメンとかくまモンの黒豆とか、くまモンの…いや、くまモンばっかりじゃないよ。あいつ目立つんだよ。バリィさんも負けずに頑張ってたけどさ。ゆるキャラとはまったく関係のない食品のほうが多いけど、どうしても目がいっちゃうんよね。それでも、欲しくないものはひとつもないと思うほどの品揃えで見てるだけでも楽しくなる。あれもこれも欲しくなることが唯一の不満だな。

IMG 1681

人気スポットなので11時開店なのに食事処は11時の時点ですでに行列のできている店もちらほら。おいらと友だちはその気配を察知してまずは買い物よりも食事だろうと、宮崎料理のお店『万作』に直行しました。ランチは選べる料理3種類しかないのが残念やけど、それでも関東とは違った味付けの料理に大満足。こういうお店に会社帰りにふらっと来れる丸の内で働く人たちが羨ましい。食事を終えてお店を出てみるとどのお店も大行列…他のお店も『万作』と同レベルの味なんだろうから、『KITTE』だけで日本全国のいろんな料理を楽しめる。さすが全国に拠点のある日本郵便が管理しているだけのことはある。全国のよい物を集めるというのはこの『KITTE』のコンセプトなんだろうね。

IMG 1682

次の予定があったのできちんと見たお店は『生活雑貨 中川政七商店』だけ。その『生活雑貨 中川政七商店』はこんなにもハイセンスなものをよく集めたと思う生活雑貨がズラリならぶ。うちにある生活雑貨を片っ端からここで買い換えたくなる。その気持をぐっと抑えておいらは塵取りだけ買い換えることにした、前に買ったブリキの塵取りは悪くないけどやっぱりイマイチだったから。買ったのは和紙と竹で作られたやつ。柿渋が塗られているから耐久性も抜群なはず。写真のもので1280円なので決して高くない。すばらしい。

ほかにもちょっとしか見てないけどsnow peakが入ってるし、いちいちおしゃれな雑貨が並んでいるショップがいっぱい。大型のショッピングモールに入っている雑貨屋さんのように首をかしげたくなるような悪趣味なものはまったく見かけない。雑貨好きが向かうべきなのは自由が丘なんかじゃなくて、いま行くべきところは間違いなく『KITTE』だよ。さっきも書いたけど吹き抜けのおかげで開放感もあるし、新宿や渋谷と違って人気スポットとはいえそこまで人がごった返していることはない。ゆっくり雑貨を見て回れる。

もし東京駅に行くようなことがあれば立ち寄ってみてはどうだろう。新幹線の乗り換えに時間があるときなんかもいいかもしれない。綺麗になった東京駅を写真におさめるだけじゃもったいないよ。ぜひ『KITTE』を満喫してほしい。そして『KITTE』からも東京駅はばっちり見れる。実は『KITTE』こそが最高のビューポイントなんじゃないかと思う。今回は時間がなくてさわりだけしか紹介できないけど、今度はもっとくわしく書くためにもゆっくり見てくるよ。

スポンサーリンク