万里の長城マラソンのために北京にやってきました

20140430-065716.jpg
1年ぶりに帰ってきた北京。たった1年ですが、印象がまったくちがいます。一言でいえば静かになった気がします。街が全体的に静かで落ち着いているいます。車のクラクションなんてほぼ皆無で、人の声もどこか押さえ気味にかんじられます。この1年で北京はいったい何があったのでしょう。

もう一つ変わったことがあります。北京の人たちがおしゃれになっています。これまではどことなく中国人とわかるファッションの人が多かったような気がします。原色好きだったりする中国人のセンスは文化の違いがあれど、いかがなものかと感じていましたが、今年はそれを感じさせない何かがあります、

こうも速いスピードで変化していけるものなのでしょうか。それとも日本も勢いがあったときはそういうスピードがあったのでしょうか。とにかく初日から戸惑っています。

20140430-065831.jpg
初日は万里の長城マラソン参加者のひとりと一緒に行動しました。北京に来るのは初めてだそうですが、世界中を回っている人なので、話を聞くのがすごく楽しい。楽しすぎて気が緩んでるのでしょうか、普段だったら絶対に声をかけられない、三輪車タクシーのおっちゃんにやたらと声をかけられます。しかもしつこく。

いつもはどれだけしかめ面で歩いているんだよということですが、たまにはゆるい感じで歩くのも悪くありません。とうぜん日本語での会話になりますが、周りの人たちもそれほど気にしていないように感じます。日本人だと言っても、嫌な顔するどころかフレンドリーになります。あの反日騒動はいったいなんだったのでしょうか。

空気は…いい訳がないのが北京。昨年があまりにもいい天気すぎました。多少の大気汚染はありますが、それでもPM2.5の騒ぎがある以前よりは改善されているように感じます。ただ、この時期でこれなのですから、やっぱり冬はものすごく空気が汚れているのでしょう。

20140430-065820.jpg
ひとりで無い旅は食事が楽しいことを思い出しました。夕飯は久しぶりの北京ダックだったのですが、なんとなく良さげな雰囲気で入ったお店が大当たりです。これまで北京で食べた料理の中で一番美味しいお店でした。というか、北京のご飯ってイマイチと思っていたのですが、訂正します。あるところにはあるようです。さすが北京。

北京のことをわかっているようで、全然わかっていなかったようです。これから数日間、かなり楽しめそうな予感がする初日でした。

スポンサーリンク