香港の人気ゲストハウス「Apple Inn @ Mong Kok」に泊まってみた

P1150075

そういえば香港に行ったときに利用したゲストハウス「Apple Inn @ Mong Kok(アップル イン モンコック)」についてさらっとしか書いていなかったので、使ってみたいなと思う人のために、ちゃんと記事にしておこうかと思います。

香港はそこらへんにあるマンションがほぼすべて「億ション」ということもあってホテルの料金がものすごく高いんです。せっかくLCCで安く行けるのにホテル代がフライトよりもかかるって悲しいですよね。

そんな庶民の味方がゲストハウスなんです。香港には無数にゲストハウスがありますが今回私が選んだゲストハウスは「Apple Inn @ Mong Kok」でした。

スポンサーリンク

「Apple Inn @ Mong Kok」はどこにあるの?

P1150079

香港のゲストハウスに泊まるとき、一番問題になるのが「ゲストハウスがどこにあるのかわからない」ということです。事前に調べておいても重慶大厦(チョンキンマンション)ぐらいメジャーなビルなら簡単なんですけど、そうじゃない場合は高確率で迷子です。

「Apple Inn @ Mong Kok」はネイザンロードに面した新興大厦(Sun Hing Building)にあるので見つけにくいということはありません。(Google Mapに頼ってしまったわたしは、ビルの周りを一周することになったのは秘密です)

P1150077

旺角駅を西側から出てネイザンロード沿いに南側に歩くと新興大厦の入口があります。ビルに入って左奥にあるエレベータで13階にある1室が「Apple Inn @ Mong Kok」の受付です。

受付場所が泊まる場所とは限りません

P1150076

受付は英語でOK。英語が話せなくても気合でOK。そこは世界各国から旅人が集うゲストハウスですから!

わたしが泊まったときには宿泊客のリストが一覧になっている用紙があり、そこに自分の名前の横に電話番号などの情報を書き込んでチェックイン終了。部屋番号と暗証番号、小部屋と暗証番号の書かれた紙を渡してくれます。

わたしの部屋は14階、上の部屋だと言われました。そう、香港のゲストハウスは受付の場所と泊まる場所が同じとは限らないんです。「Apple Inn @ Mong Kok」だけでなく大手のゲストハウスは同じビル内に何部屋も宿泊場所を確保しています。

ちょっとイメージしにくいかもしれませんが、新興大厦を普通のマンションだと思ってください。1フロアに何部屋もあります。その部屋のひとつひとつがゲストハウスになっていて、その部屋の中に入るとドミトリーの部屋や個室があります。

というわけで受付の場所と宿泊の部屋が同じフロアにあるとは限らないという基本を覚えておいてください。

「Apple Inn @ Mong Kok」の共同スペース

P1150115

フロアにある部屋に入るには入口で暗証番号を入力する必要があります。ときどき反応しません。ちゃんとパスワードを入れても反応しません。そんなときはドアを叩いて中の人に開けてもらいましょう。簡単に出入りできます。

セキュリティなんて知らんがな…

入ってすぐにあるのは共同エリアで洗濯機や小さなテーブル冷蔵庫などなど揃っています。わたしは夜このテーブルで仕事をしていました。

P1160117

トイレ&シャワールームは2ヶ所。基本的にどっちも埋まっていることはないのですが、両方シャワー中でトイレに行きたいときはただただ待つしかありません。

P1150116

そして香港のゲストハウスに向くか向かないかはこのトイレ&シャワールームに耐えられるかどうかで決まります。普通のトイレにシャワーが付いていると思ってください。土地が狭い香港ではトイレにシャワーが「普通」です。

バスタブ?1万円以上のホテルに泊まってください。

わたしもこのトイレ&シャワールームはきついわ〜って思ってたけどなんてことなかったです。慣れですこんなもの。慣れることができない人は、香港では2度とゲストハウスという選択はしないことです。

「Apple Inn @ Mong Kok」の宿泊スペース

P1150078

そこから自分の部屋に入るのも暗証番号を入力します。そして中には2段ベッドが3つ。いいですねぇ、これぞゲストハウスです。わたしのベッドは2段ベッドの上。上でも下でも大差ありませんし、選択肢もないので指定された場所にゴロンとなるだけです。

部屋とベッドはわりときれいです。セキュリティボックスもあります。ただし南京錠は自分で用意しましょう。ゲストハウスに泊まるときは南京錠持ってるとなにかと便利です。

電源はベッド脇に1口用意されています。香港はコンセントの形状が違うので変換プラグ必須です。中国も台湾も変換プラグ使わなくていいのでわたしは香港だけのために変換プラグ持っています。

部屋は他にこれと言って特筆するものはありません。サンダルを持って行ったほうが便利かなというぐらいです。

宿泊予約はagodaが便利

ここから一気に宣伝っぽくなります。

わたしは海外のホテル予約は基本的にホテル予約サイトAgoda を利用します。エクスペディア でも同じかもしれないですが、なんとなくずっとAgoda です。中国の小さなホテルを探すときと中国国内のフライトにはCtripも使います。

海外のホテル予約には値段が高いので楽天トラベルは使いません。

最低価格保証とかもあるみたいですが、そんなこと気にしません。だって今回の宿泊費2泊で3,307円ですから!他に安いところ調べる時間が無駄です。

そうなんです「Apple Inn @ Mong Kok」はめっちゃ安いんです。フライトをうまく手配できれば香港2泊3日2万円で行けてしまうんです。サラリーマン時代に知ってたら毎月香港ですよ、こんなん。

もし格安で香港に行きたい人は「Apple Inn @ Mong Kok」利用してみてくださいね!

スポンサーリンク