雨の日の配達で感じたのはUberEatsに依存するのは危険ということ

  • 2022.07.14
  • (更新日:2022.07.13)
  • UberEats
雨の日の配達で感じたのはUberEatsに依存するのは危険ということ

雨が止むという天気予報を信じてUberEatsの配達をしてきましたが、スタートから土砂降り。新宿から雨に濡れながら原宿まで配達した後、1時間近く雨宿りをするハメに。渋谷を中心とした集中豪雨みたいで、まぁ運が悪かったなと。ただ、雨上がりは稼げるはずと意気込んでいたのですが。

UberEatsの配車システムが変わったのでしょうか、そこからとんでもない注文ばかり飛んできます。最初は原宿にいて、六本木までピックアップに来いというもので、もちろん受けるわけがありません。配達する人も少ないから、そういう配車もあるのかなんて思ってたら、ピックアップに3〜4kmかかるような案件が次々と。

それも300円とか意味不明な金額で。表参道にいて、目黒のピックアップが鳴ったときは、この世の終わりのような絶望感。それも数回続きます。それは目黒から表参道までの区間に配達員がいないことを意味します。青山にいるときに、新橋のお店に呼ばれて勝鬨に届けろとか。

あれを受ける人もいるんでしょうね。私はマイルールを決めていて、それを遂行するのが1番効率がいいと信じているので、間違ってもそういう案件は受けませんが、断った数秒後に注文が入るわけです。おそらく、今日は注文者がイライラした1日になったはずです。

Advertisement

そのとき気づいたのは、どうやらピックアップはどれだけ離れていてももらえる金額は同じなんだということ。100m先にあるピックアップ店舗と3km先にあるピックアップ店舗。配達の距離がどちらも2kmなら料金は同じ。実際の料金は変わると思いますが、提示される金額は同じ。

そんなの遠くの案件を受けるわけがありません。もしかしたら上がるかもという希望的観測で3km先にピックアップに行って300円の配達料金だったら凹むので、実際には試せていませんが、少なくとも提示された金額でOKしたならそれが契約なので文句を言うこともできません。

UberEatsの配達料金はいろいろツッコミどころがあるのですが、まあそれでも稼げるから個人的には適応するしかないのかなとは思っています。少なくともこれまではそれでやってきましたし、私にはそこまでの不利益はありません。以前も書きましたが、始めたばかりよりも、断然効率よく稼げていますし。

ただ、昨日みたいな予想外の雨みたいな日が続くと、信頼を失っていくのかなと。いや、すでに信頼なんて1ミリも残ってないかもしれません。それでも便利だから使っている人がいる。そういう人も、注文してずっと配達員が決まらないとなると、「もういいや」となります。

Advertisement

そうなっても人の会社のことなので、どうでもいいんですが。ただ逃げ道は用意しておかなくてはいけないですね。いつ沈んでもおかしくない泥舟ですから。すぐにというわけではありませんが、2〜3年のうちに逃げ出せれば理想。逆に2〜3年は続けるので配達バッグは買い換えることにしました。

見た目があまりにもボロボロになってきたので。もっとも買い換えるといっても、最初の配達バッグは貸し出しでデポジットに4,000円払っているので、その4,000円で新しい配達バッグを買えるので気分的には無料。早いところ注文しておくとしましょう。今度はボロボロにならないように大切に使います。

問題は2年のうちにどこに逃げるか。安定して稼げる仕事があればいいのですが、どうせなら新しいことをしたい。ライティングでもいいのですが、これまでやっていないジャンルの情報発信をしてみるとか。そうしないと膿んでしまうんですよね。飽きっぽい性格をしてるので。

思い切って違う場所で仕事を探すとか。もっとも私の場合は、ちゃんと必要なときに乗っかる流れがやってくるもの。流されて46年も生きてきたのですから、この先も同じように流されていけばいいかなと楽観的なところもあります。米と水さえあれば生きてはいけますしね。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

UberEatsカテゴリの最新記事