アウトプットすることで頭の中が整理される【インプットと消費の違い】

アウトプットすることで頭の中が整理される【インプットと消費の違い】

他の物書きがどうなのかは知りませんが、脳内の記憶容量が少ない私は、アウトプットをすることで旅の思い出などをリセットします。意図的にしているというよりは、気が付いたらそうなっていただけなのですが。先日の能登和倉温泉旅ランも、自分の楽しかった思いを言葉にしてしまったら、それはなかったことかのように熱が冷めていきます。

そして私は自分の行動の多くをアウトプットしているので、過去のことを振り返ったり懐かしんだりすることがほとんどありません。良いように書けば「未来しか興味がない」のですが、過去の記憶が圧縮保存されているだけのことで、褒められてことではありません。時々、昔のことを細かく覚えている人がいますが、あれは本当に真似できない。真似する気もありませんが。

物書きは書くことでアウトプットをするわけですが、物書きでない人は一体どうやって頭の中の情報を整理したり、取捨選択したりしているのでしょう?そんなことをする必要がないくらい記憶容量が大きいのかも知れません。私の脳はきっとWindows95世代の容量しかありません。それもフロッピーディスクくらい。これからも増設したりはできないかと思います。

そもそもアウトプットをするという行為が、仕事以外で行われない人のほうが多いのかも知れません。FacebookもTwitterも、ほとんどの人が長続きしません。飽きたというのもあるのでしょうが、「書くことがない」「何を書いていいかわからない」という方が多数派。そういう人たちは、そもそもインプットもしていないのかも知れません。インプットをしていなければアウトプットは必要ありませんから。

Advertisement

インプットはしていないけど消費はしている。消費は「消える」ので、アウトプットしなくてもいい。何をするにしても楽しんで、その場限りでクローズする。きっとその方が人生は楽しいんだろうとは思います。美味しいものを食べだら「美味しい」と言い、美しいものを見たら「きれい」と言う。とてもシンプルです。ところが物書きはこれをこねくり回すわけです。何がどう美味しくて、その理由はこれこれでといった感じに。

どう考えても物書きの方が面倒な生き物です。ただどちらが優れているという話ではなく、それぞれに適正というものがあるという話。私は言葉を紡ぐのは得意ですが、言葉を消費するのはあまり得意ではありません。インプットはもちろん得意です。この消費とインプットの違いを説明するのがちょっと難しいのですが、インプットは種を埋める作業だと思ってもらえれば。

消費は食べてしまうイメージ。食べて消えてしまえばアウトプットはできません。種を埋めれば花が咲くかも知れませんし、実を結ぶ可能性もあります。でも収穫しなくてはいけません。とにかく面倒なのですが、私はその面倒なことが好きなのでインプットとアウトプットが適しています。そのアウトプットが成立するのは消費してくれる人がいるから。誰にも理解されないアートを描くなら消費者は不要ですが、クリエイティブなものは大抵消費者がいて初めて価値が出ます。

私の文章だって読んでくれる人がいるから書き続けているわけです。私の場合は読者に向けて書いているというより、自分の感じたことをそのまま書き綴っているので、本当によく読んでくれるなと思うのですが、私のアウトプットに共感できることや、気づきになるようなことがあるのかもしれません。こういうのは自分ではわからないものです。

Advertisement

誰かの人生に影響を与えるような人物でないことは自分が1番よく分かっていますが、それでもアウトプットをすることで誰かの心に引っ掛かりを作ることがあります。もちろん最初からそうだったわけではありません。とにかくたくさん書き続けてきた結果、物書きとして仕事をもらえるレベルに到達しました。ただ、それは私が特別なわけではありません。クリエィティブな人なら誰でもできること。

クリエィティブかどうかはやってみないとわかりません。何か自分だけの情報や、自分なりの考え方や主張があるなら、まずは文章としてアウトプットしてみてはいかがでしょう。スマホやパソコンさえあればできるので、頭の中が情報でぐちゃぐちゃになっているなら、それを文章としてアウトプットすることで整理整頓できるようになるかもしれません。必ずしも文章でなくてもいいのですが。

悩みや不安をずっと心の中に抱えていると、いつか心が潰れてしまいます。そういうものも含めて、全部アウトプットすると心が一気に軽くなります。大抵のことはアウトプットして一晩寝たら忘れられます。あとはランニングが加われば完璧。向いていない人もいますが、心の中が情報で溢れているということは消費ではなくインプットができている証拠。だとしたらアウトプットもできるはず。

ブログでもFacebookでもTwitterでもいいので、自分の内側を言葉などで表現する場を作りましょう。そのためのアカウントを作るのもいいでしょう。心の中を真っ直ぐにアウトプットできる場所で、思うがままに言葉を吐き出してみてください。悩みや不安が驚くほど小さなものになります。もしくは小さなものだったことに気づくはず。そしてそのアウトプットを読んだ誰の心に響く日が来るかも知れません。それって面白いと思いませんか?

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時(2022年1月からは水曜日19時〜)
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

WRITINGカテゴリの最新記事