体重58kgからの逆襲【人生最大の体重とどう向き合うか】

  • 2022.03.25
  • (更新日:2022.03.24)
  • RUNNING
体重58kgからの逆襲【人生最大の体重とどう向き合うか】

少し前から体重が58kgになっています。瞬間風速ですが59kgを記録したこともありますが、ほぼ58kgで安定しています。サッカーをやっていた頃にこの体重があれば、私の人生ももう少し変わっていたかもしれません。

これが筋肉なのか脂肪なのかの判断が難しいところですが、おそらく両方なんだとは思います。そこそこ脂肪がついていますが、そこまでみっともない感じでもなく。そして理由は明確です。骨折によるトレーニング不足。

ここまで4ヶ月間、旅ランを除いて1回のランニングは10km以下にしてきました。10kmを安定して毎日走れればいいのですが、仕事が詰まっていたのもあっておそらく、月間走行距離は200km程度になっているはず(知らんけど)。

これでは体重が増えていって当然。なので練習量を増やそうと思ったのですが、体重が増えているのもあってふくらはぎへの負担が大きくなり、ちょっと追い込んで走るだけでふくらはぎを傷めてしまいます。昨日は12kmで限界を迎えました。

Advertisement

ここまで体重が増えてしまうと「走ればいい」というわけにはいきません。もちろん走ることが大前提なのですが、食生活の見直しも必要。骨折している期間は「食べただけ回復が早まる」という食生活をしていましたが、もう骨折は治っています。

ただ、むやみに体重を落とすのもどうかと思うので、まずは間食をやめるとします。どうしても食べたいときには煮干しでも食べておきます。煮干しもそこそこカロリーがありますが、そこまでたくさん食べることもないでしょうから。

単純に体重を落としたいなら炭水化物を減らせば済みます。でもそれは体内の水分が抜けるだけで、根本的な体重減というわけではありません。標準状態で55kg台に戻すことがここからの課題。1ヶ月に1kgの減量で2〜3ヶ月かかる計算。

5月中に24時間裸足マラソンをしたいので、そこまでに55kg台になっていればいいとしましょう。間食をやめて1日のtおレーニング距離を伸ばしていく。それだけでおそらく簡単に落ちると踏んでいますが、もう若くないのでどうでしょうか。

Advertisement

普通に練習できればあたり前に落ちていく。正直面白みがまったくないのでここに書くようなことでもないのですが、最近自分に甘いところがあるので、これはちょっとした宣言のようなもの。淡々と体重を落としていくとしましょう。

幸か不幸かしばらく誰かとお酒を飲むような予定もありません。ちなみに4月24日に大山トレランイベントします。参加したいという人がいればご連絡ください。この日までで飲む機会があるとすればランレコード練習会くらい。

飲み会でもチビチビやれるタイプになればいいのですが、ビールをガバガバ飲むから体重が増える。わかっているんですけどね。あと飲み会で偉そうなこと語るのもそろそろやめにしたい。後から冷静になると恥ずかしくなるので。

若いうちはいいんですけどね。もう飲み会との向き合い方も考えなくてはいけない年齢。そう言いながら万里の長城マラソンのオンライン飲み会の予定が入ってきて……まぁオンラインですから瓶ビール2本以上用意しなければいいだけのことです。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:国立競技場外周
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事