無職になるわたしに「iPhone 6s」と「iPad Pro」は必要か?

Ipad 577746 1280

iPhone6sとiPad Proが発表された。わたしを含め、Appleから新製品が出るたびにそわそわしている人は多いはず。いつもならすぐにでも飛びつくのだが、わたしは来週から無職になる。

欲しい衝動を抑えるために、本当にiPhone 6sとiPad Proが必要か冷静に考えてみることにした。

iPhone6のときにも書いた気がするが、Appleはもはやイノベーションを起こせる企業ではなくなっている。それは大企業の宿命とも言っていいだろう。SONYやシャープがここまで落ちぶれるとは誰も思いもしなかっただろう。

iPhoneはもうワクワクの対象ではなくなっている。

iPhoneであれAndroid端末であれ、これからはそこにあるのが当たり前のもので「新しいものが出たから買う」ものではなく白物家電と同じように「必要性を感じたときに買う」時代へとシフトしている。

スポンサーリンク

iPhone 6sを買わない理由

どういう人がiPhone6sを購入すべきか考えてみた。iPhone5よりも古いiPhoneは買い替えたほうがいいだろう。電池交換ができるとはえい、スマホ操作でストレスは少しでも少ないほうがいい。

iPhone5sやiPhone6のユーザーはガジェット好きでもないかぎり買い換える必要はないだろう。特にiPhone5sのサイズが気に入っている人は電池交換をしてでもまだ手放すべきではない。

iPhone6sでなければできないことをあげるとすれば、4K動画の撮影ぐらいだろう。はっきり言って4K動画の撮影を必要とする人などほとんどいない。そもそも4K画像を編集しようと思うならMacBook Pro以上のスペックのマシンが必要になる。

わたしの持っているMacBook Airではスペック不足を起こして、Macを買い換えたくなる。完全な罠である。

とりあえずはiPhone 5sのままで問題ないだろう。バッテリー交換はしたいが、逆を言えばそれで不満は解決する。iPhone 5sが売れるうちに売り抜けることも考えなきゃいけないが、あと半年ぐらいは問題ないだろう。

iPad Proはどうだろう?

これは買わなくていい。絶対に買わなくていい。少なくともいまの段階では。

必要とする人はタブレットで絵を描きたい人と、医療関係者やプレゼンを行う人ぐらいだろう。これがPCの代わりになることはない。iOSはどれだけ大きくなろうとiOSなのだ。大きなiPhoneだと考えてもらえればいい。

ただ今後はiPad Proが主流になる可能性が非常に高い。特殊なことに使わない限り、もはやPCなどというのは時代遅れの製品になっている。そうなるとタブレットも大きくて見やすいほうがいい。大型のタブレットは潜在的に望まれている。

わたしの場合、ニュースを見たり動画を見たりするときiPadを使っている。なので当然画面が大きいほうが見やすいだろう。ただそれだけの理由では買い換える理由にはならない。

しかもiPad ProとMacBook Airの役割が重なってしまうことを考えるとやはりいらないだろう。そうやってiPad miniも手放したのだから。むしろ動きにストレスを感じ始めたiPadをiPad Air2に買い換えるほうがいい。

結論

スマホもタブレットも「欲しいから」という理由だけで買う時代ではなくなっている。明確な理由があれば買えばいいし、いまでも困っていないなら買わないほうがいい。

そういう基準で考えれば、少なくともいますぐ飛びつく必要はない。これらを手にしてもわたしの生活が楽になるわけでもなければ、仕事が増えるわけでもない。仕事のクオリティも上がらない。

ただ、後先考えず欲しいという衝動で買ってしまう自分も嫌いではない。欲のない人ばかりが生きる世界なんて想像するだけで気が滅入る。何かを手に入れたいという強い思いを持たない人に情熱的な仕事はできない。

とりあえず、いまは目先の生活を安定させることが重要なので、どちらも買わないが、いつまでも買わないとは断言はしないでおこう。

スポンサーリンク