勝負は時の運だが運をつかむには最高の準備が求められる

Racecourse 637475 640

昨夜は人生初の競馬場に行ってきました。生前の父が競馬をしていたのもあって、なぜか近寄りがたいイメージがあったのですが、平日のナイト競馬にラン仲間が集まるというので便乗しました。

勝手がわからないものの、大井競馬場に入り歩いていたら、目の前にパドック。初めてサラブレッドというものを目にしました。第一印象は「変な筋肉の付き方してるなぁ」ということ。

サラブレットというのは、走るためだけに強化されているわけですから、パドックのような硬い路面では歩くのが苦手なのかもしれません。みんな窮屈そうに歩いてて、どの馬も強そうには見えません。

パドックで見たのは10レースで、まだみんなと合流できないので馬券は買いません。いや、馬券の買い方すらわからないんです。なので、とりあえず脳内で着順予想。

Horse racing 2107381 640

10レースが始まってみたら、脳内着順は一切当たらず。

1円も損していないので問題はありません。気を取り直して全員集合した上で、メインレースのジャパンダートダービーのパドックへ。今度は消去法で決めていきます。

体つきが良さそうな馬や、気持ちが入りすぎている馬は省いてみました。残ったのは4頭でそこからは絞れず。

馬券の買い方を教えてもらって、ボックスで600円分だけ購入し、ビールを片手にいざレースを観戦。

スタート直後は狙った馬が前にいたのですが、ずるずる後退して、もちろんハズレ。ビギナーズラックは起こりませんでした。でもちょっとゴール前でドキドキしました。きっと競馬にハマる人はこのドキドキがやめられないのでしょう。

Horse 1401914 640

わたしはどちらかと言うと、インターバルでドキドキするほうが好きです。正確には「バクバクする」ですが。

もう1レース残っていたので、今度はレースを待ち遠しい気分で待っていそうな、ウキウキしてるように感じた馬を選びます。それだけでは絞りきれないため、体幹のしっかりしている馬を選びました。

結果的には1着は当たったのですが、2着が当たらず。

競馬は簡単ではないですね。たった2レースしか経験していませんが、いろいろなことを学びました。

・強い馬が勝つわけではない
・ジョッキーの戦術でレースが変わる
・運も左右する

こう考えると、競馬を当てるのはほとんど不可能に思えます。 人間と同じように、レースのための体づくりを行いますが、それがいつでもうまくいくとは限りません。人間だってコンディション作りに失敗しますし、当日の体調などもあります。

Horse 2196755 640

陸上の100mで日本選手権のような、力が拮抗しているレースでは誰が勝ってもおかしくないように、競馬でもどの馬が勝つかなんて、レースをしてみなければわかりません。たまにウサイン・ボルトのような、圧倒的な力のある馬もいるようですが。

そしていくら調子のいい馬でも、ジョッキーの戦術で結果はいくらでも変わります。ジョッキー同士の駆け引きもあるはずです。ここ一番ではギャンブル的な騎乗をすることもあるのでしょう。

そして、何よりも運が左右します。勝負は時の運と言いますが、力が拮抗している場合は、ちょっとした運を活かせるかどうかが勝つための鍵になります。

競馬で賭ける側は、膨大な量の情報を整理して、多くの経験を積むことが必要です。わたしはそのためにかける時間を考えたとき、これは無理だと悟りました。適当に馬を見て選んで遊ぶくらいがちょうどです。

Horse 2373424 640

何をするにしても、結局のところ楽して何かを得るのは無理だということです。

ランナーだって、ある程度は才能が大きいのですが、レースの結果を決めるのは結局練習の量と質です。量は多ければ多いほどいいというのではなく、適度な量でなくてはいけません。

最高の結果を出すには、最高のサポートも必要です。どんなランナーだって1人で勝ち続けることはできません。高橋尚子さんが独立したときにチームQを組んだように、本気で勝つにはランナーだけが速くても足りません。

競馬というのはおそらく、トレーニングなどはとても科学的に行われているのでしょうが、それでも思い通りになりません。精神面が大きく影響する人間のランニングというのはなおさら思い通りにはなりません。

Horse 2398371 640

最高の準備を行っても最高の結果につながらないのが、少し前に開催された、ナイキのBREAKING2.0からもわかります。やってみなければ分からない。これは競馬もランニングも同じです。

ただ、どちらも努力や工夫をしていないのに、棚ぼた的に勝利を手にすることもありません。勝つのはいつだって、最高の努力をしてきた者だけです。

2レースでまったく当てられませんでしたが、こういう場所でも学ぶべきことがあるようです。

馬の筋肉の動きを見ているだけで、たまらなく楽しくなります。競馬について勉強するほどの時間がありませんので、きっと深くハマることはないのでしょうが、また馬の筋肉を眺めにパドックには行ってみようと思います。

Nomadic children 2389829 640

馬の走りから、学ぶことがあるかもしれませんし、何よりもギリギリまで自分を高めた者(馬)たちの競い合いは、見ていて清々しさがあります。それで馬券が当たれば気持ちいいのでしょうが、当たらなくても馬券は勉強代ということでいいかなと思います。

秋に開催されるハルカススカイランに向けて、しっかりとモチベーションを高めることもできましたので、駄馬ですが自分なりに研ぎすませた状態で大会当日を迎えられるように、体づくりを行いたいと思います。


名馬を読む
著者:江面 弘也
楽天ブックス:名馬を読む [ 江面弘也 ]

スポンサーリンク

スポンサーリンク