わたしがブログとSNSの連携をやめた理由

少し前にブログの更新情報をフェイスブックやツイッターに送る連携をやめました。アクセス数はおそらく2割くらい落ちると思いますが、アクセス数が欲しくてブログを書いているわけではありませんので、あまり気にはしていません。

SNSとの連携をやめた理由は、ブログを書くときにいろいろな人の顔が浮かんでしまうためです。それがいい方向に向くこともありますが、自由に表現をするという面ではマイナスの部分がかなり大きくなっていました。

わたしは基本的に八方美人な生き方をしていますが、どうしても受け入れられないことに対しては頑なになることもありますし、譲れない部分を侵されそうになったら抵抗します。そういうときに、いろいろな人の顔が浮かんできたら、その人を傷つけないような表現を選んでしまいます。

その結果、何のためにブログを書いているのかわからない無味無臭の記事が出来上がります。それを誰が喜んでくれるというのでしょう。

あの村上春樹さんですら、アンチがいます。どんな作家でもすべての人に愛されるということはありません。自分の主張を大切にして、まっすぐに生きているからこそ批判されることも増えていきます。誰かの顔色を伺って無難な言葉を並べても、そこからは何も生まれません。

もちろん文章は読んでもらってからこそ意味があります。読み手のことを考えて言葉を選ぶのは、文章を書くときの基本中の基本です。でも、それは誰にでもいい顔をすることとは違います。右にも左にもいい顔をしていると、ダブルスタンダードにもなりかねません。

もっとも、わたしにはそれほど主義主張があるわけではありません。人のことを批判する気もありませんし、それぞれ好きなように生きればいいと思います。それによって、わたしとその人の間に距離ができても仕方のないことです。わたしはわたしの人生を、その人はその人の人生を生きています。

わたしは基本的に共感というものを信じていません。誰かの苦しみを本質的に理解してあげられるわけがありませんし、哀しみを一緒に背負ってあげることもできません。他人の感情はすべてその人のもの。分かってあげたいという感情が、そもそも傲慢だと思います。

目の前にいる人のことは分からない。ここがすべてのコミュニケーションのスタートラインです。

分かりあえないから誤解のないように丁寧に説明し、分かりあえないから様々な可能性を考えます。目の前にいるこの人は何を考え、どうしたいのか。あらゆる可能性を考えます。通常のコミュニケーションはそれでいいのですが、自分を表現しようとするときにはそれが足枷になります。

他の表現者がどう考えているのかは分かりませんが、SNSを使っていない表現者は決して珍しくありません。人間関係が自分の表現に制限をかけてしまうことを避けている。わたしはそのように解釈しています。

わたしは小さな表現者で自由に発言していても構わない立場だと思っていましたが、そうだとは思ってもらえないことが増えてきました。もっと読む人の気持ちを考えて書くようにアドバイスされることもありますし、必要以上に賞賛されることもあります。そのいずれにも左右されない文章を書きたい。これがSNS連携をやめたもうひとつの理由です。

SNS連携をするというのは、繋がりのある人に対して「読んで」と言っているのと同じです。だったら少なくともそういう人たちに配慮した言葉を選ぶべきなのでしょう。それができない、もしくはしたくないのであればインターネットの海の片隅で好きなように言葉を重ねていく道を選べばいいだけです。

そしてわたしは、後者を選んだというわけです。

そう遠くないうちに、きっとわたしはSNSそのものも止めてしまうかもしれないと考えています。それは自分の願望ではなく、それを選ぶしかなくなるような状況になる予感があります。そういう予感は大体的中します。それも自分が思ったよりも、早くにその時はやってきます。

そのときにブログをSNS連携していると、きっと止めるべきタイミングを逃してしまいます。

世の中に普遍なものがないように、自分が置かれた環境や、進むべき道は常に変化し続けます。SNS連携を止めたのは、変わることを恐れずに、どんなときでも暗闇に向かってジャンプできる自分であるための準備でもあります。

暗闇の先にあるのは奈落の底かもしれませんが、それを恐れて飛ばない自分にならないこと。そしてもっと自由に表現てきる者になること。そのためには一時的にアクセス数が減ることなんて大したことではありません。

無難な100の記事よりも、魂を揺さぶる1の記事。わたしが目指すところはそこにあります。そこに到達するためにブログは自分を100%表現するための場にしたい。そう考えています。


SNSで儲けようと思ってないですよね?: 世の中を動かすSNSのバズり方
著者:福田 淳
楽天ブックス:SNSで儲けようと思ってないですよね? 世の中を動かすSNSのバズり方 [ 福田 淳 ]

スポンサーリンク