青色申告に向けて2015年の帳簿を付け終えて気づいたこと

NewImage

やっと重い腰を上げて、青色申告の準備に取り掛かった重松です。

前にやったのは何年前でしょう・・・売掛金とか事業主貸とかもう意味不明でしたが、天才に不可能はなくなんとか帳簿は完了しました。昔と違ってクラウドでできるからめっちゃ便利。

帳簿をつけてみて、あらためて2015年はひどい稼ぎだったと気づきました。マラソン連戦とかで移動ばかりしていたのもあるけど、本当によく生きてたと思うレベル。ぜんぜん周りが見えてなかったようです。

今もまだまだ仕事が足りていないレベルですが、いろいろ提案も行っている状態ですし、ライターになったばかりよりは要領もつかめてきました。もう一息で収益もプラスなはず。

そういえば個人事業主の開業届出書には、事業の種類として「ランニングイベント開催、HP作成」で出していました。そのときはまだライターになるなんて思いもしなかったんでしょうね。

とにかく食べていかなくちゃという思いで始めた物書きの仕事は、思った以上に高評価をもらっている状態です。もちろんまだまだスキルは上げていかなくてはいけませんが、書くことが向いているのだなと思うわけです。

スポンサーリンク

わたしは機械設計を天職だと思っていました。自分で言うのもなんですが、実際に機械設計の仕事は向いていたと思います。誰よりもいいものを設計できる自信もありましたし。

設計だけならずっとやっていられるほど好きでしたが、設計以外の仕事も当然あるわけです。むしろ設計している時間なんて半分あるかないかです。ほかの業務も嫌いではないのですが、設計ほど夢中にはなれませんでした。

いまはもう毎日が一杯一杯で、でも充実感の塊のような日々なので「生きてる」って感じがします。キーボードを1回打つたびに自分の生活を支えているというわかりやすさと、文章を書くときの集中力が気持ちいいんです。

休日も平日もない生き方。プライベートと仕事の境目のない生き方。いろんなところがボーダーレスになっていきます。この働き方で間違いなかったとは収益がプラスになるまで言い切れませんが、いい方向には向かっています。

会社を辞めたときは年内は生きていけると思いましたが、とりあえずプラス1ヶ月と少し生きていますし。

暗闇の中ジャンプして、まだ暗闇の中にいますが、そろそろ明かりが見えてきそうです。

さて次は確定申告だ!頑張ろう!

スポンサーリンク