スピードアップに向けて肉体改造中【本当に必要なのは睡眠】

  • 2022.02.12
  • (更新日:2022.02.11)
  • RUNNING
スピードアップに向けて肉体改造中【本当に必要なのは睡眠】

少し前に地面を押す力で走る話をしましたが、もちろん継続中です。まだドクターストップがかかって、力を入れて走れないというのと、再発防止で10km以上は走らないようにしているので、それを逆手に取って10kmで十分な負荷を与えるように走っています。

それがですね、ジョグの感覚でもそこそこスピードが出るもので、そこで調子に乗ってスピードを維持したらふくらはぎが攣りそうになります。10kmのジョグで足が攣りそうになるというのはなかなかの負荷。キロ5分30秒よりも少し早い程度なのに。

筋肉痛は自分の伸び代だと思っているのですが、これくらいのことでここまだダメージを受けるなら、私の伸び代がどこまであるんだろうかと逆に怖くなります。ワークマンの新作「ハイバウンス オーバードライブ」を履いて1kmのタイムトライアルをしたときは、加速しすぎて失速。

人間があんな加速するんやってびっくりしました。「ハイバウンス オーバードライブ」は以前もタイムトライアルをしているのですが、そのときよりも高い加速力で、一瞬で酸素を失ってしまって失速しましたが、走り方ひとつであそこまで変わるとわかったのは収穫。

Advertisement

ただ、ここまでダメージがあるとジョグの翌日も休まなくてはいけなくなり、トレーニングが2日に1回くらいになってしまいます。しかも実際にダメージを受けるのはふくらはぎだけでなく、背筋全体がバキバキになります。走っているときにはなんともないのですが、翌日以降に。

肉体改造をするときには「ちょっとやっただけで走れなくなる」という問題がいつもつきまといます。これまで使っていない筋肉を使うので当然なのですが、せっかちなところがある私はそれを待てずに練習してしまってケガをするのが定番。

とりあえず今日はできるだけ走らずにいようとは思いますが、散歩で足りなければ走ってしまいそうです。自分の体に変化が出ているから「もっとやってみたい」ってなるんですよね。本当に必要なのは練習ではなく睡眠なのに。

先日、大迫傑選手の話を聞く機会があり、彼が何度も繰り返していたのが「質の高い睡眠」でした。きっと彼に教えを請う若手に口酸っぱく言っているのに実行できてないのか、それともちゃんと結果が出ているのかのどちらか。

Advertisement

そのどちらでもいいのですが、私も大迫傑選手と考えは同じ。とにかく睡眠が大事だと考えていますが、今年になってやたらと仕事をもらえているので睡眠が追いつかない。なのでマットレスは買うことに決めました。候補は西川のAIRのポータブルタイプ。

大きいサイズにするか、小さいサイズにするかで迷っています。今は60cm幅のヨガマットで寝ているので、小さいサイズでも十分だと思うのですが、それが睡眠の質を下げている可能性もあるわけです。だったらシングルサイズでいいのかなと。

エアウィーブも気になるんですが、10万円の予算は組めません。健康をお金に変えられるなら安いものかもしれませんが、西川のAIRもアスリート御用達。あの大谷翔平選手も西川のマットレスですから。まぁ誰が使っていようと関係ないのですけどね。

私が何かを買うときの基準は「引越しをするときに邪魔じゃないか」ということ。そういう意味ではAIRのコンパクトポータブルタイプかな?予算の都合でニトリにしているかもしれませんけどね。とりあえず今日はニトリまでジョグしてきます。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事