今年の24時間裸足チャレンジは体重が55kg台まで落ちることが開催条件

今年の24時間裸足チャレンジは体重が55kg台まで落ちることが開催条件

大切なことを忘れていました。体重を落とす気にならないと、先日のブログに書きましたが、そんな呑気なことを言ってる場合じゃありません。24時間裸足チャレンジの日が迫っています。日程はまだ確定していませんが、5月中のどこかで行なう予定なので、あと1ヶ月程度しかありません。

今の体重で走ったら、体が重たくて過去ワーストの記録を叩き出し、「やっぱり痩せなきゃ」って言っている未来しか見えません。それが見えている以上は、ある程度は絞っておく必要があります。せめて55kgまで落としたいのですが、1ヶ月に3kg……あまり褒められた痩せ方ではないですね。

でも良いとか悪いとか言ってる場合ではないので、とにかく55kgを目指します。運動だけでどうにかなるレベルではないので、きちんと食事も見直すとしましょう。とりあえず、仙人が食べているであろう霞とやらをAmazonで調達して……いや、それは冗談としてUberEatsの配達がある日以外は完食禁止と16時以降の飲食禁止。

多分これまでになく苦しい減量になりますが、結果が出ない24時間裸足チャレンジに意味なんてありません。55kgとは言いませんが、55kg台に落ちなければ今年は秋開催にするかもしれません。まあ自分だけのチャレンジなので、それでも全く問題はありませんが。

Advertisement

通常時に55kgで、レース前に53kgというのが今のところの落とし所。本当はもっと落としたいんですが、きっともう50kgを切るのは無理。もう何年かして、食欲旺盛な時期が過ぎれば、50kg以下まで痩せるかもしれませんが、今は食べたい欲に負けてしまう。46歳にもなって食い意地があるって、なんとも情けないことですが。

1ヶ月で3kg落としたら、まず間違いなくリバウンドします。そういうのが嫌だから、体重を落とす気にならなかったわけですが、背に腹はかえられないわけでして、とにかく痩せなくてはいけません。それくらい24時間裸足チャレンジは気持ちが入っています。やることに意義があるのではなく、結果を出すことに意義があります。

私は純粋な裸足ランナーではありません。ただの裸足好きランナーなので、基本的には裸足で走ることに強い思いはありません。でも、裸足の24時間というのは私のベースなんです。今の自分があるのは夢の島24時間マラソンを裸足で走ったからこそ。あの大会での経験が、今の私に繋がっています。

夢の島24時間マラソンもそもそもは普通のランナーとして走りました。初フルマラソンが不安だったから、24時間でどれくらい走れるのかを知りたいと思って。そこで120kmくらい走れたので、はじめてのフルマラソンも不安なくスタートラインに立てました。裸足の楽しさを知ってからはずっと裸足で参戦。

Advertisement

スピードを出せないから、コツコツ積み重ねる。荒れた路面を丁寧に走るわけです。それを見て応援してくれる人がいて、24時間マラソンがまた好きになっていく。コロナ禍にやってる24時間裸足チャレンジは、応援に来てくれる人がいるとはいえ、完全なる孤独な挑戦。でも私にとってハダシストを名乗り続けるために必要な時間。

純粋な裸足ランナーではなく、ランニングシューズも愛している私が「ハダシスト」を名乗るには、それなりの実績は必要。いや、そんなもののために挑戦するわけではないのですが、結果的にそれらも付いてくるわけです。他に同じことを誰もしないから、裸足の24時間といえば重松という図式が成立します。

それはもう1つのキラーカードで、知らないところで「おかしな奴がいる」と話題になって、そこから新しい繋がりが生まれることもあります。そして何よりも裸足が特別なことではなく、選択肢のひとつにすぎないという私の考え方もアピールできます。そのためには、結果はともかくスタートするときには100%の自分でいたい。

そのためにはとにかく体重を落とすこと。少なくとも元の状態にまで戻すこと。それが過去の自分に対する最低限の礼儀だし、私が私であるために必要なこと。しっかり走り込みをして、食事も見直して、まずはスタートラインに立つ権利を得ること。その前に肉離れを治さなくてはいけないのですが。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

裸足ランニングカテゴリの最新記事