ランニング用サンダルが盗まれた!

IMG 7415

3年間でもう300回近く通ったであろう近所の公園。ウレタン舗装のランニングコースがあって裸足で走るのに最適なのでほぼ毎日通っています。朝も夕方も。

そこでは裸足で走っているのですが、そこまではシューズを履いています。最近は南横ウルトラマラソンの入賞でもらったサンダルを履いていって、コース横に置いてから裸足になっていました。

今日も同じように走っていて、残り1周となったときにふとサンダルがあるべき場所を見たら、そこには何もありません。どのタイミングでなくなったのかは分かりませんが、まぁないわけです。

管理事務局に落とし物で来ていないか確認しましたが、届いてないとのこと。

Sand 1677743 640

いたずらで隠されたのか、それとも盗まれたのかは分かりません。流行りのOOFOSに似たデザインだったから持っていかれたか。でも持っていきたくないくらい汚れていたし…

いずれにしても誰でも持っていけるような状態にしていた自分が悪いですし、別に怒りの気持ちはありません。残念な気持ちはもちろんあります。

わたしが毎日のように裸足で走っているのをみて、イライラしていた人もいるかもしれません。裸足のランナーに抜かれるなんて腹が立つなんて人がいてもおかしくありません。

世の中に困っているのをみて喜ぶ人もいるわけです。そういう人を相手にしてても疲れるだけです。これからが盗まれないように持って走るしかないでしょうが、そもそも台湾のサンダルなので12月までは手に入りません。

12月はさすがにサンダルでは走りませんし。

Glass 1497227 640

物がなくなったり壊れたとき、わたしはそれが自分の身代わりになってくれたと考えるようにしています。不思議と愛着のあるものほど壊れたりなくなったりするので、その気持が伝わって身代わりになってくれる。

いつも言っていることですが、わたしはスピリチュアルとかにはまったく興味はありません。神も仏も信じていません。でも八百万の神というのはいてもいいかなと思います。むしろいる前提で日々を過ごしています。

この世の中にはどこにでも神様がいる。神様というよりも妖精のような感じかもしれません。ものづくりの仕事をしていると、物には魂があるとしか思えないようなことを次々と体験します。

だから愛情を込めて使っていたものは、きちんと応えてくれます。そして、持ち主に危険が起きそうなときに身代わりになってくれる。

Balloon 1046693 640

わたしがそう思っているというだけで、それが真実だなんて主張するつもりはありません。そう考えるのが自然だと思うようなことがわたしの周りで起きているだけですので、そんなのただの偶然だと言う人もいるでしょう。

今回サンダルがなくなったのは、きっとわたしを守ってくれたのでしょう。恨まれる覚えはありませんが、人は知らないうちに人を傷つけているものです。恨まれないまでも不快な思いはいくらでもさせている自覚はありますから。

サンダルがなくなって、明日の練習をどうしようかと思いましたが、そういえばわたしにはFLOPEEZEがありました。あまりにもサンダルが心地良すぎて、この夏は1回も履いていませんでした。

もしやFLOPEEZEの嫉妬?

シューズに愛される男も大変です。

Beach 1974953 640

でもFLOPEEZEなら腰につけて走ってもじゃまになりませんし、もう盗まれることもありません。無くなったことは残念ですが、とりあえず元サヤということ……いや浮気じゃないですから!

こういうことがあると、ここは自分の居場所じゃないのかなと思うようにはなります。これ以上身代わりを増やさないためにも、次の場所を見つけなきゃな。

いや、見つかって入るんだけど予算と審査が…ね。


「日本の神様」がよくわかる本 八百万神の起源・性格からご利益までを完全ガイド
著者:戸部 民夫
楽天ブックス:けっこうお世話になっている「日本の神様」がよくわかる本 イラスト版 [ 戸部民夫 ]

スポンサーリンク