破綻してる?年金について改めて冷静に考えてみた

Woman 2877322 640

昨日のブログで年金だけで、なんとか生きていけるじゃないかと書きました。ちょっと安心と思ったのですが、よく考えたらどうもおかしい。

計算が間違っているのではなくて、年金のシステムのお話です。

単純計算でわたしは年120万円の年金が支給されます。これを65歳から95歳までもらえるという想定です。その総額は3600万円です。これも計算では合っています。

この金額に違和感があったわけです。30年生きるのに、3600万円もいるのだということも驚きだったのですが、おそらく私が払う保険料の合計は1060万円程度です。

Sport 2863541 640

いやいや、これ普通に破綻してるじゃないですか。払った額の3倍ももらえるって、どう考えてもおかしいわけです。わたしだけじゃないはずです。みんな払った額よりもたくさんもらえます。

もちろん、95歳まで生きればという話ですが。実際には65歳になるまでに死んでしまう人もいるのでしょう。自分が払った額を回収できないで寿命を迎える人も。

他の人が払った額の何倍もらえるのかは分かりません。でもちゃんと計算してくれている人がいます。1975年生まれの人が厚生年金に加入している場合、総納付額が3900万円で、年金給付総額が9600万円で2.4倍です。

年金給付総額は男性なら85歳、女性なら90歳8ヶ月で計算しているそうです。それが推定の平均寿命だとか。

金融庁の報告書は95歳で計算していましたが、それくらいまで生きる人もそれなりに生きるという計算なのでしょう。ちなみに85歳で死ぬと考えると、金融庁の試算では1300万円の取り崩しが必要になるのだとか。

それは今回、どうでもいい話です。

払ったお金の2倍以上ももらえるって、どういうことなのでしょう?年金の運用はそんなにもうまくいってるということなのでしょうか?それとも偉い人が、見えないところで上積みしてくれているのでしょうか。

実際には様々な数字のトリックがあるようで、ここで細かい話はしませんが、ひとつ言えるのは30年後が今と同じ物価ではないということです。わたしは毎月10万円もらえます。でもその10万円が30年後に今と同じ価値があるわけではありません。

Coins 1015125 640

日本にいるとデフレが長く続いたので、物価が上がるという感覚がすでに薄れてしまいましたが、中国に行くと物価が上がるという感覚を実感します。年々、物価が高くなっているのが分かります。

数年前まで地下鉄は2元でどこまででも乗れました。今はちょっと行くだけでも4元かかります。

30年後にこの国がどうなっているかは分かりません。物価が上がっていない可能性もあります。でも、そのときは年金制度が破綻してしまいます。物価が上がらないということは、株価もそれほど上がりません。

年金制度の運用で利益が出ないから、積立額を切り崩していく。

Money 1885540 640

書いていてかなり絶望的な気分になってきました。日本の景気が良くなると自分の老後の資金が不足して、日本の物価がそのまま維持されたら年金制度が破綻する。

金融庁の2000万円というのも、物価がこれから上がらないことが前提に計算されています。支給される年金は物価上昇が前提なのに、必要な生活費は物価上昇を考慮していません。

インフレにならないと国は年金を払いきれなくなるけど、インフレになったら2000万円では足りません。あれ?これはもう追求しないほうがいいかもしれません。みんなの不安を煽るだけですから。

Bear 2203644 640

でも大事なことだからまとめておきます。

・国のインフレ目標2%が達成されると20年後の120万円は今の80万円の価値しかない
・95歳のときには現在の価値で44万円にしかならない
・確実にインフレになるわけではない
・でもインフレにならないと年金運用は破綻する

控えめに言って「詰んでる」という結論です。
おい、誰だこんなシステム考えたのは!

とはいえ、わたしの道はひとつしかありません。きちんと貯めておくということです。あぁ面倒くさい。

Piggy bank 1429580 640

とはいえ、年金制度はまったくもって当てにならないし、理屈が通らないということが分かりました。これまで見て見ぬふりをしてきたので、気づきませんでしたがいい勉強になりました。

別に国に何とかしろとか言うつもりはありません。そういう国で生まれ育ったのだから受け入れるだけ。いろいろ文句を言っている人もいるようですが、そういうのは賢い人たちに任せます。

わたしみたいな貧乏人は、文句を言う暇があるなら1文字でも多く書かないと生きていけませんから。庶民とは本来そういうもの。がむしゃらに働いて、ときどき仲間とお酒を飲めればそれでわたしは満足です。

だいぶ複雑になってきたので、もう1度ちゃんと整理して書くことにします。


人生100年時代の年金戦略
著者:田村 正之
楽天ブックス:人生100年時代の年金戦略 [ 田村 正之 ]