水を飲むと痩せる?水分を多めに摂るようになってからお腹周りの脂肪が気にならない

水を飲むと痩せる?水分を多めに摂るようになってからお腹周りの脂肪が気にならない

普段から水を飲まないタイプなのですが、この1週間は積極的に水分を摂っています。もちろんお酒以外で。フルマラソンでもコップ1杯の水があれば走れるくらいなので、かなり喉の渇きに鈍感だという自覚があるので、喉が渇いたから飲むのではなく、例えばUberEatsの配達で信号に引っかかるタイミングで飲んでいました。

体調そのものはここ最近不安定で、良い日と悪い日が繰り返す感じなのですが、それに関しては水を多く摂ったところで変わらず。朝起きて左の鼻と喉が腫れているのが、3週間くらい続いていますが、処方箋も出してもらったにもかかわらず、こちらも変化なし。では、多めに水を摂って何も変わらないかというとそうでもありません。

あきらかに体が絞れて、ウエストが66センチしかありません。食事はしっかりどころか多めに食べているのですが、体重もわずかながら減っています。お見せできないのが残念ですが、お尻の肌触りが赤ちゃんみたいです。それらすべてが水分摂取の効果とは言いませんが、まったく関係ないということもないでしょう。

きちんと調べているわけではないのですが、脂肪を燃焼する時には体内の水分量が影響するのかなと。適切な水分量でないと脂肪が燃焼しにくいというのが私の仮定。これは調べればすぐに答えが出ているはずなので、後で調べておきます。もし水分量が影響しているなら、これまで痩せにくかった理由も納得できます。私の体はずっと水分不足状態にあったので。

Advertisement

水分は6時間の配達で、出来るだけ1リットルくらい飲見たいところです。ただ、これはたくさん飲めばいいという話でもありません。やはり過ぎたるは猶及ばざるが如しです。どれくらいが最適なのかは、これから自分なりに掘り下げていくつもりです。ただ、3人時間で500mlでは、まだまだ増やせるような気がします。

これまでは「水分を摂ると体が重くなる」と思い込んでいましたが、炭水化物などを多めに摂取しなければ体内に留まらず排泄されます。飲んだ水が多すぎるからと言って、風船のように体積が増えていくことはありません。トイレに行く頻度は増えるかもしれませんが、逆にいえばその程度しか変化はありません。

少なくとも私の体重はトレーニングや配達の距離に合わせて、きちんと落ちています。本当に痩せる効果があるのかは、時間をかけてチェックする必要がありますが、これまでかなり苦労して体重をキープしていたのに、水分を多めに摂るというだけで、脂肪が減って体は軽くなっています。あとは白龍走までにコンディションが戻るといいのですが。

まぁそれは欲張りというもの。できるとしても、体の内部から変わるのに半年くらいの時間が必要な気もします。なので白龍走はまだ体がチグハグな状態で挑むことになりますが、それも含めてマラソンです。コンディションが良い時ばかりじゃなく、悪い時だってあって、いつも100点の状態を維持することはできません。

Advertisement

それでも水分を多めに摂ることで体の状態を安定させられるのなら、やらない理由がありませんよね。トレーニングだけでなく、日常生活においても。ただ、まずはエビデンスをしっかりと集めようと思います。感覚だけでやると失敗する未来しかない案件ですから。

科学的に理想の状態を自分の意思で整える。そのために大切なのは正しい知識です。まずは思い込みを捨てて、真実をかき集めるとしましょう。最近はインターネットで、そういう論文だって簡単に探せる時代ですから。願わくばアメリカの論文も読みたいのですが、英語はこの世の中で1番苦手な教科。いつか翻訳こんにゃくができたときの楽しみに取っておきます。

ちなみにアルコールは水分補給にはなりません。アルコールを排出するのに水が必要になるので、飲むお酒によっては水分を摂っているのに脱水症状を起こしてしまうこともあります。ビールくらいのアルコール度数なら、飲んだところで脱水症状になることはありませんけどね。まぁ、水分補給にもなりませんが。飲んだビールの水分でアルコールを排出するので。

いずれにしても、大事なのは多めに水分を摂ること。体内の適正な水分量を維持すること。私のように普段から水を飲まないタイプは特にそうです。これだけで、理想の体が手に入るなら安いものです。うまく継続して、5年後10年後も引き締まったいい体でいるのが目標。飽きっぽいから、すぐにやめるかもしれませんが。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

LIFEカテゴリの最新記事