きっと近いうちにSTU48がブレイクする【人気は計算して作られるもの】

  • 2022.06.27
  • (更新日:2022.06.26)
  • LIFE
きっと近いうちにSTU48がブレイクする【人気は計算して作られるもの】

最近気になっているSTU48というアイドルグループ。Twitterでは何度か呟いたんですけど、おそらく坂道グループの人気低下のタイミングで、入れ替わる感じに上がってくるのでしょう。今はまだ乃木坂46の初期のような素人っぽさがありますが、たぶんそういうところからファンが増えるのでしょう。

STU48が好きとかそういう話ではなく、アイドルの売り方がものすごい先を読んでいる感じがあって、ビジネスモデルとして面白いなと思って見ています。今回の新曲は秋元康さんの作詞の中でも、かなり素晴らしいものなのですが、本来なら乃木坂46に歌わせてもおかしくないのに、あえてまだ燻ってるSTU48の曲にしたところからも期待しているのが伝わってきます。

ちなみにSTU48は瀬戸内を拠点にした48グループ(すなわちAKB48の系列)です。AKB48は元気のいい女子のグループで、グループ内でも競争が激しくて、女性が表に出て発言する時代の流れを作り出したグループで、そのライバルとして乃木坂46が清楚なイメージで誕生。

狙ったのは清楚だったかどうかはわかりませんが、そういうグループになったわけで、AKBタイプのアイドルに疲れてきた若者たちが、争いを好まない乃木坂46のほうにシフトしていったというのが私の認識。AKBグループは他にも全国にありますが、全体的にAKBのカラーを引き継いでいます。

Advertisement

ところがSTU48だけは色が違い、坂道グループに入るようなメンバーで構成されていて、不思議に思っていたわけです。それもどうも跳ねないというか、燻ってる感じがある。秋元康さんの影響力ならもっと露出できるのに、あえてしていないという売り方が気になっていました。

ところがここにきて、一気に流れを持っていきそうな雰囲気があり、そのための手も打っていて、私みたいなニワカでも感じるものがあるわけです。最初から想定していたわけではないのでしょうが、基本的には計算されていて、もしくは「こうすれば面白くなる」という確信を持って運営しているわけです。

なんかおっさんがアイドルを語ってると、気持ち悪い感じになってしまいますね。でも、人の心を動かすビズネスとして、アイドルグループから学ぶものは沢山あります。どうすれば人が動くのか、どうすれば怒りを買うのかなど自分のやっていることに繋がるところがありますので。

私は乃木坂46の音楽を聴きながらランニングしていると、何度か聞いたかと思いますが、ファンかと聞かれると「そうでもない」というのが実際のところ。別に応援はしていません。だって彼女たちの方が私なんかよりもよっぽど経験を積んでいて、成功者でもあるから。

Advertisement

どの立場から「応援」すればいいのか。私がプロスポーツの応援をしないのも同じこと。私にとって野球場はビアホールであり、サッカースタジアムは夢の続きを見る場所。サッカーなんかはいまだに現役の気持ちで観戦するので、「なぜそのプレイを選んだか」とか「自分ならこうした」とか考えてしまいます。

本題に話を戻しましょう。アイドルや商品、サービスが売れるかどうかは運が大きいみたいに考えている人もいるようですが、それは「運」に見せかけているだけで、消費者は上手く心理を操作されていて、作られた人気に乗っているだけです。それが悪いとかいう話ではなく、世の中の仕組みとしてそうなっているという話。

緻密に計算されて、売れるための布石を数年かけてひとつずつ積み重ねてきた。それは気が遠くなるような作業であり、何手も先を見ているからこそ出来ること。いやいや、そんなわけない。流行りを作り出せるわけがないと思うかもしれませんが、1〜2年のうちにSTU48の名前を何度も見かけるようになるので、覚えておいてください。

別に彼女たちが売れても「ほら見たことが」なんて言わないから安心してください。この下に「花は誰のため」のMVを貼っておくので、気になる人は見てもらえればと。歌の強烈さと未完成なグループのアンバランスさのバランスが絶妙すぎて、そこにプロデューサーの意図を感じるのは私だけではないはずです。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

LIFEカテゴリの最新記事