支配しながらされながら生きる人 フラットな関係で生きる人

  • 2016.07.09
  • (更新日:2019.11.13)
  • LIFE
支配しながらされながら生きる人 フラットな関係で生きる人

Easter 278896 1920

「世の中には二種類の人間がいる」と最初に言ったのは誰なのかはわかりませんが、小説などで使い古された言葉のひとつです。

で、わたしも思うわけです。「世の中には二種類の人間がいる」と。

支配すると支配される人・・・なんて当たり前のことではなく、むしろ支配する人と支配される人は同じグループで、支配したくもされたくもないと考えるグループの人間がいます。

支配関係、上下関係の世界でしか生きられない人と、支配されない、支配しない世界でしか生きられないと言い換えてもいいかもしれません。

日本人は圧倒的に前者が多くなります。サラリーマンという働き方がまさにそれで、年功序列を基本として、上司の言うことは絶対。上司が白と言えば黒いものも白くなる世界です。

このシステムはとても効率がよく、軍などは支配関係、上下関係が明確になっていないと強い軍にはなれません。

第2次世界対戦で最強の軍を作るとしたら「アメリカ人の将軍、ドイツ人の参謀、日本の兵隊」で、最弱の軍を作るなら「中国人の将軍、日本人の参謀、イタリア人の兵士」なんていうジョークがあります。

これはそのまま今のビジネスの場にも当てはまるかもしれません。

Log 79625 1280

言われたことを言われたとおりにすることが得意なのが、日本人の特質であり強みでもあります。

面白いのが支配関係で支配側に立つ人、誰かを支配したいと思っている人も、同時に支配されることを望んでいるケースが多いということです。

部下には怒鳴り散らすのに、社長にはペコペコ頭を下げる。その頭を下げられる社長も親会社や客先の社長にペコペコする。

単純に面白いなとは思いますが、わたしはどうもその世界には馴染めませんでした。

わたしは年上でも年下でも、社会的地位が高くても低くても完全にフラットな関係の中でしか生きられません。物分りの良い社員を演じることもできなくはないですが、所詮演技なので長くは続きません。

フラットな関係を基本としているので、敬語を上手に使えません。失礼に値するだろうなとは思いますが、初めましての人でもほとんどタメ語に近い、くだけた言葉を使います。

これは支配することされることを好んでいる人にしてみたら、ひどく失礼に値します。モノの言い方が失礼だとつい最近も叱られたばかりです。まぁそれは言葉遣いというよりは伝え方の問題ですが。

わたしは基本的に単刀直入にしか話せません。回りくどい言い方をしている人を見ると、正直ああいう生き方は大変だろうなと思うのですが、その人たちから見たら、あちこちに敵を作るこちらのやり方を大変だと思うのでしょう。

Hand 819279 1280

ただ支配すること、されることの世界の人たちは、フラットな関係を誤解しているような気もします。

フラットな関係というのはお互いのリスペクトと信頼がなければ成立しません。信頼とリスペクトがあれば単刀直入な物言いも、敬語を使わない言葉使いもそれほど問題になりません。

問題になるのは決まって支配欲の強い人と向き合ったときだけです。

年上であること、年下であることなどに細かい人たちは、どれだけリスペクトを込めて話をしても、言葉遣いの悪さはマイナスにしかなりません。

でもわたしもすべての人にいい顔をするつもりもありませんし、フラットな関係を築けない人たちとは長く一緒にはいられません。

正直わたしは年上であるから、地位が上にいるから、自分のほうが立場は上にあると考える人の気持がよくわかりません。年上はもちろんリスペクトしますし、でも同じだけ年下でもリスペクトします。

Girl 1186895 1280

立場では社長のほうが上でも、1対1での人間としての関係はどこまでもフラットなはずです。

どこかの国の大統領だろうが、どこかの国の王様でも向き合ったらそれはフラットです。どちらが偉いなんてことは絶対にありません。

そういう意味でわたしが絶対に会ってはいけないのが皇族の方々かもしれませんが、そもそも接点もありませんので気にする必要もありません。100%不敬罪で捕まる自信があります。

最近はフラットな関係を好む人たちが増えてきたように感じます。そういう人以外を無意識に排除しているからかもしれませんが、支配することされることに疲れてきた、そして自分で考えることのできる人が増えています。

もっともそういう人はいつだってマイノリティで、社会の変わり者であるほうが何かと都合はいいかなと、わたしは思います。

みんながフラットな世の中を望んだら、わたしはみんなの中に埋もれてしまうわけですし。

フラットな関係を築ける人が増えて欲しいという思いと、自分はマイノリティでありたいと思う矛盾。人生とはなかなか難しいものです。

さて明日は選挙。フラットな関係を大切にする政治家・・・なんていないのは知ってます。

みんなあっち側の人間。

それでも投票はしますけどね。

親や上司の否定的な暗示から解放される超簡単テクニック
出版社:青山ライフ出版
発売日:2014年7月8日
楽天ブックス:支配されちゃう人たち [ 大嶋信頼 ]

スポンサーリンク

LIFEカテゴリの最新記事