GO TO 第59回愛媛マラソン【#2 増える体重と10kmをなんとか完走】

  • 2021.07.17
  • (更新日:2021.07.16)
  • RUNNING
GO TO 第59回愛媛マラソン【#2 増える体重と10kmをなんとか完走】

愛媛マラソンのアスリート枠確保(3時間30分)に向けてのプロジェクトの第2回目。昨日も10kmのペース走をしてきました。昨日もというか先週は3kmでへばったので実質1回目です。完走できれば……ですが。まさか10kmを走れないとは思っておらず、それもまさかの3kmでダウンというひどい結果。

これは真剣に取り組まなくてはと思って、まずは体重を減らそうとしたのですが、1週間でまさかの600g増量です。決して暴飲暴食をしたわけでもなく、むしろ食事も減らしてプチ断食のオートファジーも再開しました。その結果が体重増加というわけのわからない状態に。

やっぱり定期的にUberEatsの配達をしないといけませんね。この土日はしっかりと配達してこようと思います。自宅仕事だと運動がランニングだけで、仕事を優先しているのでランニングの時間は1時間しかありません。そこで走れる距離には限界があり、万歩計は毎日1万歩に遠く及ばず。

体重はもうしばらく諦めです。この重たい体重で夏を乗り切って体に負荷を掛けることにします。重たい状態でトレーニングすれば筋力アップにも繋がるでしょうから。もちろん減っていくことでデメリットはないので、オートファジーは継続しますし1ヶ月で1kgくらい痩せればいいかなと。

Advertisement

さて問題の10kmです。前日にシューズレビューのための1kmのTTをしたのと、そこで気持ちが盛り上がってHIITをしたのもあって、お尻周りの筋肉がやや張っているのですが、10kmくらいならなんとかなるかなと。なるかなと思っていたけど、アップをするときにペースを上げるとすぐに肺が破裂しそうになります。

これはやばいかもと思いましたが、やらないという選択肢はありません。とりあえずペース走ですが体の声を聞きながらまずは10kmを走り切ることを目標に。ペースも3分35〜45秒くらいと幅をもたせます。今の走力で「3分40秒ジャスト」みたいな走り方はできませんので。

シューズはレビュー用にいただいた「アディゼロ ジャパン 6」。厚底だとペース感覚がわからないし足を鍛えるのには適していないので。

最後の1周でペースを上げているのが行儀悪いですね。タイムは45分55秒なのでこのコースでの過去最低記録です。やっぱり走れなくなっているのは明らか。今の体重ならそれは分かっていたことなので、まぁタイムはともかく10km走れたことをよしとしましょう。問題は前半に上げきれなかったこと。

本当なら4分35秒/kmで通せるはずなのに、前半は4分50秒近くかかっているラップもあってこういうのを改善しなきゃペース走になりません。ただ、走り方というのも繰り返すことで身につくものなので、今はここがスタートライン。

Advertisement

走りきって感じたのは、これくらいのペースだと足への負担はそれほど大きくなく、きついのは心肺機能。気温が高いのもあるので心拍数が上がりやすいというのもありますが、肺がきつくなるのが少し早すぎるかなと。これは前日の1kmのタイムトライアルをしたときも感じたこと。

仕事中も眠くなることも多くて、どうも体がまだ本調子ではないのかもしれません。それでも回復を待っていたら走力は落ちていくでしょうから、今できる範囲内でやれることを積み重ねていくとしましょう。来週はいよいよ愛媛マラソンのエントリーでもありますから、忘れず申込みをして気持ちを高めようと思います。

ただ、どのマラソン大会もエントリーが渋いようで富山マラソンはまだ参加者募集中です。走ったことのない大会なのでちょっと心揺れているのですが、サクッと行ってサクッと帰ってこれるなら……というのはもったいないかな。翌週はおかやまマラソンですし。貧乏暇なしなので自宅で仕事&練習もしくはUberEatsの配達をするとします。

今回の教訓は「重いと走れない」ということ。先週と同じですね。でも先週は10kmを走れなかったので、ちょっとだけ成長です。ここからまずは10kmを4分15秒ペースで走れるところまで戻すこと。そこまでできれば、次は距離を伸ばしていきます。9月末までに4分15秒ペースに戻すつもりで、今後の練習に取り組みます。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事