GO TO 第59回愛媛マラソン【#14 お医者さんの踏み込み許可が出た】

  • 2022.01.08
  • (更新日:2022.01.07)
  • RUNNING
GO TO 第59回愛媛マラソン【#14 お医者さんの踏み込み許可が出た】

愛媛マラソンまであと23日というところで、お医者さんから「徐々に踏み込んでもいい」との許可をいただきました。テーピングも必要なということで、これで思いっきり練習ができます(「徐々に」を曲解しているわけでして)。

さっそく昨日は1時間だけレースペースでランニング。イーブンペースではなく入りはゆっくりで、キロ5分前後で安定させてからさらにペースアップして最大キロ4分30秒ちょっよまで上げてみました。理由は分かりませんがスピードは問題なさそうです。

1ヶ月以上もまともに練習をしていないので、筋力がもう少し弱っているかと思ったのですが、先日のランレコード練習会で感じた「つらくない」感覚と同様に、キロ4分30秒台はそこまで難しくありません。ただそれを続けられる体力がありません。

そこはもう仕方のないことですが、ここから23日でどこまで体力を戻せるのか。できることならキロ4分30秒で行けるところまで走り切るのが理想ですが、おそらく今の感じだと半分まで行ったところでジリ貧になるのは目に見えています。

Advertisement

そう考えるとキロ4分50秒で前半を走って、そこからペースを上げてビルドアップするのがベストかもしれません。それで30kmまで乗り切って、あとは得意の気合と根性でなんとか乗り切ってサブ3.5を達成するプラン。

とてもランニングを教えている人の立てるプランとは思えませんが、ここまで追い込まれていると体裁なんて気にしていられません。何があってもサブ3.5は達成したいんです。練習ができなかった以上、知恵を絞るしかありません。

もちろん、ここから23日間でもう少しは改善するとは思っています。ただ、あまり期待できないのも事実。だからやれることはすべてやっておきたい。たかだかサブ3.5にここまでやる気を出さなくてはいけないことが残念ですが、自分を客観的に見ることも大切です。

しかもそのたかだかサブ3.5を達成できない時期もあったわけです。だから簡単なハードルでないことは理解しています。でもそこにハードルがあったのは過去の自分であって、筋トレというトレーニング方法を知った私には本来なら低いハードル。

Advertisement

それくらい筋トレって大事なのです。だからここから23日間も、筋トレを練習メニューに入れてとにかくパワーを安定供給できるようにするのがひとつ。そしてもうひとつはやはり長い距離を走っておくことです。

でも、もうレースペースで30km走なんてやったら疲労が残ってしまうので、やれるとしたらLSDくらい。1回山に入るというのもありですが、どちらにしても1日休みをとるなどの調整する必要があります。

山に入るかLSDをするか。もしくは両方をするという選択もあります。1月15日までなら両方をやっても、愛媛マラソンに影響は出てもプラスになることのほうが大きいので、調整できれば来週にやっておきたいところです。

そこまでやって、アスリート枠を取り逃したら、それはもう仕方のないことです。幸運なことにぐんまマラソンでサブ3.5を達成しているのでアスリート枠の権利はあることですので、あとは気持ちの問題。だからこそ、ベストを尽くして天命を待つとしましょう。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事