ずっと2月からの新しい生活のことを考えている:何を変えて何を変えないか

  • 2023.11.25
  • (更新日:2023.11.24)
  • LIFE
ずっと2月からの新しい生活のことを考えている:何を変えて何を変えないか

伊豆高原での仕事もあと2ヶ月とちょっと。まだ2ヶ月あるとも考えられますが、宿の体制も徐々に整いつつあり、1月には私の負担もかなり減るはずです。なので、踏ん張らなくてはいけないのはあと1ヶ月と年始くらいのこと。

そうやって終わりが見えてくると、次の生活のことを考えるわけです。これまで何度か書いてきましたが、2024年は準備の期間。収入を減らしてでも、将来の仕事につなげる環境を整えるための期間です。そのためにいろいろ変えていくことになります。

すでにお伝えしましたがUberEatsは撤退。短期的にお金が必要になるなら、タイミーでも使って近場で仕事を探します。できるだけ自宅で仕事をして、それを1年後の収入につなげていくこと。数年後の理想としては、毎週末どこかの大会に取材に行ける状態になることです。

Advertisement

そのためにはかなりの資金が必要になります。往復に夜行バスを使ったとしても毎週2万円の出費。自分が出場して、1泊するとなると4万円の出費になります。それを4週したら16万円。現実的ではありませんが、近場の大会を選べば、予算10万円でなんとかなるかなと。

そのためには収入を10万アップしなくてはいけません。私の年商は約370万円なのでこれを500万円くらいまで引き上げなくてはいけません。毎月40万円の売上が必要になるわけですが、これはもちろん簡単なことではありません。

1文字いくらの仕事だけでは絶対に無理。サイトやSNSに稼いでもらう必要があり、今はそれについてあれこれ考えているところです。行き当たりばったりでできるほど甘くないのはわかっているので、きちんと計画立てて始めるつもりです。

Advertisement

収入を増やすのと合わせてやらなくてはいけないのが、支出を減らすこと。ずっとモノを減らすと言っているのは、支出を減らしたいから。モノがあるからそれらを維持するために出費が増えます。働いて食事して寝るだけのことなので、本当は何も必要ないんです。

それなのにモノがどんどん増えていく。「あったらいいかも」「これ便利かも」で無限に増殖していくモノたち。そしてそのモノが自分の財布からお金を抜いていくわけです。そうならないために、まず求められるのが本当に必要なものだけ残すということ。

記念に残しておくというものも、思い切って処分していこうかと思います。人からいただいたものは、なかなか手放せないでいますが、そういうものも必要ないなら減らしていく。空っぽにしてしまえば、支出をもっと減らせるはずです。

Advertisement

引越しも考えましたが、とりあえずアパートが潰れるまではそこにいようかなと。アパートの大家さんがやめると言ったら、そのとき鶴巻温泉の別の場所に移るか、これまでにない選択をしようかと。まったく想定外の場所に行くのもありです。

なので鶴巻温泉の自宅の居心地をもっとよくしていく必要があります。もちろんモノを増やすことなくですが、戻ったら大きく模様替えをするつもりです。以前は来客があることを期待していたりもしましたが、もう何年も人が来ていないのに、それに備える必要はありません。

自分が仕事に集中できる空間にする。そのためにある程度の出費はあるかもしれませんが、それも含めてダイナミックに変えていこうかと。四六時中仕事を楽しめる環境とはどのような部屋なのか、もうしばらく考えてみようと思います。

LIFEカテゴリの最新記事