イタリア相手に見事な打ち合いをした先にあるもの

Top

日本代表のメンバーは誰ひとりとして満足していないだろう。勝てる試合を落としてしまったという気持ちのほうがはるかに強いんじゃないだろうか。しかもコンフェデレーションズカップは練習試合ではない。勝っていけば準決勝・決勝を戦える公式戦だ。勝ち残ることが最も重要だという考えからすれば負けて予選敗退してしまったことは悔しさ以外何も残らない結果なのかもしれない。

試合は立ち上がりからイタリアが重そうに見えた。中2日でうまくコンディションを整えられなかったのかもしれない。イタリアにしれみれば初戦のメキシコ戦に合わせて調整し、ブラジル戦で全力を出すという気持ちだったんじゃないかと思う。準決勝か決勝でスペインと試合が出来ればチームとしても意味のある大会になる。日本なんて眼中にないというのが本当のところだろう。

ところが、イタリアの思惑とは違い日本はこれまで見たことのない攻撃的な姿を見せてきた。イタリアはどの選手も出足が遅く、本来なら頭で考えると同時に体が動いているのに、今日は明らかに頭で考えても体が動かずな状態。なのでセカンドボールをことごとく日本に奪われる展開が続く。逆に日本はブラジル戦で吹っ切れたのか、キレのいい動きと判断の速さが目立った。

日本の多少のミスは動きの良さで十分にカバーできるが、イタリアのミスはどんどん深みにはまっていく。そんな状態なのでイタリアは縦パスを入れることができず後で回すか、縦パスを出しても日本のディフェンダーに奪われ続ける。そこにきてあのPK判定だ。あのブッフォンのプレーがPKに相当するかは非常に判断が難しい。ボールに関与した後に足を上げたことがPKに繋がったのだろう。

イタリアの2失点目は今日のイタリアを象徴するかのようなプレーから香川の得点に繋がった。ディフェンダーの連携がとれていればあんな感じで香川の前にボールは転がってこない。もっともあのボールを自然にボレーできた香川の巧さは特筆すべきもの。マンチェスター・ユナイテッドでプレーをするというのはああいうことがあたり前にできる選手ということなんだろうね。あんなに自然体で力の抜けたシュートを打つ姿は全盛期のジーコの姿と重なる。ジーコにあって香川にないのはフリーキックだけ。

結局そこから試合は大きく動き始め、イタリアは日本を逆転し、日本は追いつき、そして最後はイタリアが抜けだした。こんな試合は年に一度見れるかどうかというレベルの好試合だ。とてもイタリア人監督同士の試合とは思えないプレーとスコア。カテナチオはいまやサッカーの歴史博物館にカテナチオされている。これが最先端のサッカーの姿だ。相手よりも多く点を取るのがサッカーというスポーツなのだ。

結果的に負けてしまったら意味ないじゃないかと思うかもしれない。セルジオ越後さんのように善戦で満足するなという人も大勢いるだろう。でも、日本が今日の試合で自信を手にしたなら、日本代表は新しいステージに立つことができると言い切っていいだろう。W杯ベスト4を争えるチームになる。サッカーには相性だったり運だったりがあるので絶対にベスト4になれるとは言えない。でも世界中の国が日本を無視できない状況にはなってくる。

今回はうまくハマりすぎたところもあるし相手のコンディション不足にも助けられたところがある。次の試合に同じようなサッカーが出来る保証なんてどこにもない。でも、また次の試合を見てみたいと思わせるサッカーをしたことは間違いない。メキシコ戦が楽しみだ。そして予選敗退がなによりも残念でしかたない。W杯まで日本代表の成長から目が離せなくなってきた。

スポンサーリンク