万里の長城マラソン2014〜感謝としか言葉がない〜

20140502-231754.jpg

昨年の万里の長城マラソンで、制限時間を超えて走ってしまい事務局に迷惑をかけてしまったことを反省し、万里の長城マラソンにはもう出場しないつもりでいました。ところが万里の長城マラソン代表の朱さんは「そんなことはどうでもいいから日本の事務局を任せたい」とわたしに言ってくれました。9時間23分47秒。ゴールの瞬間は朱さんへの感謝の気持ちが溢れてきて、迎えてくれた仲間がいなかったら間違いなく泣いていたでしょう。

20140502-231927.jpg

今回の日本人参加者は11人。そのうちの1人は北京に来てから仕事にトラブルが発生して、ホテルにカンヅメで参加できなかったため、実際は10人。万里の長城 マラソン日本事務局としては非常に残念な人数でしたが、少ないからこそできることがあるはずです。

20140502-232317.jpg

せっかく、北京の地に日本人が集うのです。これまでのように、会場で「はじめまして」「またいつか」で終わる関係ではなく、もう少し踏み込んだ関係を築きたいと事前説明会や懇北京での親会を開催しました。すべてがうまくいったわけではありませんが、わたしらしいやり方で歓迎できたのではないかと思います。

ただ、ホスト役もスタートの号砲が鳴るまで。そこからはひとりのランナーです。今年は何がなんでも制限時間内にゴールしなければいけません。

20140502-231943.jpg

コースは昨年から変わったものの、距離的には変わらず。厳しい旅になることは間違いありません。でも、今年は日本人同士で声をかけ合いながら、厳しくなる後半はすべてのランナーと声をかけ合いながらゴールを目指します。

この一体感が万里の長城最大の魅力ではないかとわたしは考えています。

20140502-232003.jpg

走りそのものはひどいもので、スタートしてすぐに膝に違和感があり、20キロもいかないうちに腿の裏がつりそうになります。日本人のひとりにつり防止用のスプレーをしてもらい、一時回復するもののすぐに逆の足の腿の裏がつりそうになるという状況。

しかも途中でスタッフがあきらかにコースの誘導ミスをしています。どうやらハーフマラソンもフルマラソンもコースの案内間違いをしています。まぁこれも万里の長城マラソン ならではです。いやあってはならないことなんですが、起こるはずのないことが起こるのが中国です。

20140502-231954.jpg

そのあとは足に負担がかからないように。慎重に慎重に進みます。とはいえすべての階段のようなコースなので、歩く時間も増え、ペースを落さざるを得ません。それでも完走がみえてくると気持ちには余裕が出てくるものです。最後の方は写真撮影会状態。そしてコース上で何度もすれ違うフルマラソン組の3人で励ましあいながらゴールを目指します。

20140502-232459.jpg

最後の1キロは内臓もボロボロで痛み始めていましたが、不思議なことになぜか脚が勝手に前へ前へと進みます。万里の長城マラソンを支えてくれた人たちの顔が浮かんできます。これまで万里の長城マラソンで出会った仲間たちの顔も浮かんできます。そして、朱さんの顔も。もう出ないと決めていた万里の長城マラソン。決してひとりではここにたどり着けませんでした。ここまでわたしを連れてきてくれた人たちに本当に心から感謝します。

20140502-232047.jpg

万里の長城マラソンの事務局を始めて約1年、本当に引き受けてよかった。そしてまだまだ力不足。来年はもっと多くの人たちに参加してもらえるような活動をしていきます。

スポンサーリンク