ウェイトベストを探そうと思ったらウェイトブランケットなるものに行き着いた

  • 2023.01.17
  • (更新日:2023.01.16)
  • LIFE
ウェイトベストを探そうと思ったらウェイトブランケットなるものに行き着いた

男子たるもの1度はドラゴンボールの孫悟空が着ていた、重たい修行着に憧れるじゃないですか。私もサッカーをやっていた頃には足の筋力が欲しくて、アンクルウェイトを付けて生活をしていたこともありました。おかげでサッカーをやめてから、太い脚に悩まされています。

足が太いはともかく、ナイキのコラムにウェイトベストを使ったランニングトレーニングのメリットとデメリットについて書かれたものがあり、ちょっと気にはなっています。体幹がしっかりしていればケガのリスクは低く、効果が得られるということなので。

何をするにしても自分に自信を持てない私ですが、体幹に関してはそこそこ自信があります。かなり早い段階からピラティスを導入していて、インナーマッスルを鍛えてきましたし、ブレのない安定した走りができていることはRunmetrixの計測結果として出ています。

Advertisement

なので5kgのウェイトベストを買って自分で人体実験をしようかなと思ったわけです。効果があるからやるというのではなく、いまいち良くわかっていないグレーゾーンみたいなところがあるようなので、好奇心が湧いただけです。決して天下一武道会に出るつもりはありません。

そこでAmazonで検索しようとしたわけですが、検索するときに「ウェイト」まで入力したら、検索候補に「ウェイトブランケット」と表示されたわけです。何?新しいトレーニング器具?と思って検索してみたら、どうやら、ただの重たいブランケットだとか。

体重の10%の重さが適正らしいので、私の場合には5〜6kgのブランケットがいいのだとか。いや、それって重くて寝れないんじゃ?と思いましたが、何やらすでにブームが来ているようで、睡眠の質が上がるのだとか。

Advertisement

確かに重たい布団は安心感がありますよね。かなり入眠しやすいという声もあって、気になっているのですが、私はそもそも入眠が一瞬だからあまり必要ないような気もします。ただ、いま寝袋を掛け布団代わりにしているので、ちょっと気になるわけです。

これも好奇心ですよね。なんでも試したくなるのは良いことでもあると思っていますが、そんなことだからいつまで経っても貧しいわけで。とはいえ好奇心を満たすことを先送りするくらい、人生のムダはないと思っているので楽天ポイントで買うことにしました。もちろんウェイトベストも。

効果がなかったらどうするか。別にそれはもう仕方のないことで、失敗したくないから前に進まないとか私の中ではありえないこと。人生において現状維持くらい気持ち悪いことはありませんから。私たちに与えられた時間は成長するためにあるんです。

Advertisement

物欲を満たすための言い訳ですけどね。ただこういうのも縁なんですよね。必要なときに必要なものに出会うという。それでいい効果があれば情報発信できるわけですし、失敗を恐れて手を出さなければ経験を失うことになります。失敗だって経験ですしね。

ウェイトブランケットは、北海道の寒さをしのぐのにも役立つかなと思っています。北海道は室内は暖かいと言いますがさすがにレオパレスにそんなことを期待するのは無理なので、便利そうな道具に頼ってしまおうかと。新しい仕事なので多少はストレスも発生するでしょうし。

ウェイトブランケットもウェイトベストも購入したらレポートします。ウェイトベストはRUNNING STREET 365でレビューという形になるでしょうけど。届く前にウェイトブランケットについてもう少し調べておくとしましょう。

LIFEカテゴリの最新記事