伊豆高原での生活もあと20日:ただいま荷物の搬出中

伊豆高原での生活もあと20日:ただいま荷物の搬出中

怒涛の年末年始が終わり、宿の仕事もひと段落となりました。もう20名分のスクランブルエッグを作ることもないでしょう。すでに右腕がパンパンで、美味しいものを作るというのは、それなりの代償が必要になるのだと知りました。

伊豆高原での生活もあと20日。最後の1週間は宿直だけなので、お客さんと関わるのは実質あと2週間。ただ宿の仕事は引き続き行いますし、朝ごはんを変えることになる予定なので、お客さんに出せるレベルになるまでそちらの面倒も見なくてはいけません。

以前書いたように集客もしなくてはいけません。とりあえず伊豆高原の情報発信サイトのアカウントは確保して、レンタルサーバーにWordPressをインストールするところまでやりました。そのあとは正月疲れが抜けてからということで。

Advertisement

とりあえず来週、離れを次の人に引き渡さなくてはいけないので、いま荷物を持って鶴巻温泉へ移動中。レンタカーにすればよかったと後悔しています。どうやらあと1回往復しないといけなさそうです。思ったよりもいろいろ持っているものです。

荷物を引き払うとなると、本格的に次に向けての始動をしなくてはいけなくなります。まずはタイミーの登録でしょうか。実際に使うかどうかは別として、確実な収入源は確保しなくてはいけませんので。ライティングだけで食べていけるほど甘くもありませんし。

もちろんメインはライティング。それも自分の情報発信です。1年後にはこれで食べていけるようになっておく必要があります。でも1年分の蓄えもないので、収入源を確保する。もちろん生活をコンパクトにすることもしますが、それは2月に戻ってから。

Advertisement

とにかく小さく暮らすこと。フリーランス1年目と同じくらい貧乏になる予定なので、生活にはお金をかけないで済むように。なので伊豆高原で買ったもの、持っていったものの一部はそのまま置いておくつもりです。もちろん次の人に役立つものを。

ガスコンロは撤去して、いま使っていIHクッキングヒーターに入れ替え。ガスコンロがかなりボロボロになっているので、安全性を考えると流石にもう限界です。そして1口のIHでもご飯を炊けて、料理もできることがこの1年でわかったので。

衣類も含めて余計なものを減らして、お金のかからない暮らしを目指します。この1年は電子マネーに頼りっきりで、口座の残金もろくにチェックせずに生活してきましたが、これからはそうもいきません。ひたすら炭水化物生活になります。

Advertisement

先のことはまったく見えていません。でもそれは可能性が無限にありということでもあります。この歳でそんな生き方ができているのは本当に恵まれていて、いい選択をしてきたなと我ながら思うわけです。だから多分次のステップに対しての不安もありません。

ライティングにランニングのトレーナー、あとは時代にあった働き方で、未来を見据えて稼いでいく。そして同時に、稼ぎに行かなくても何とかなる環境を整えること。1年後には旅人として、世界のマラソン大会に出られたら理想です。

そんなこと言いながら半年後にはまったく想像もしてないことをするかもしれませんけどね。人生万事塞翁が馬。思い通りになんて進まないから人生は面白い。流れに抗うことなく、求められたところで生きていく。さてどんな流れが待っているやら。

LIFEカテゴリの最新記事