万里の長城マラソン2017秋開催決定!

P5010190

世間は3連休。それを知ったのは金曜日の夜。

土曜は大山走りに行ったのと飲み会で仕事してないですが、昨日も今日も仕事です。いまはちょっと実験的に1日の仕事量を減らしているので、休日がないのは仕方ありません。

そんなわたしにテンションがあがるお知らせがありました。

万里の長城マラソン2017秋(あきばん)の開催が決まりました。10月22日(日)です。秋大会は参加者が少ないのもあって、僕は走れそうなわけです。今年の目標をハルカススカイランにしていましたが、1個追加です。

P5010189

今年こそ裸足で万里の長城マラソンを完走する!

会場となるのは慕田峪長城。北京市内にある万里の長城ですが、わたしはまだ行ったことのない場所です。まだまだ行ったことのない万里の長城がいくつもあるという事実。

ただ、めっちゃ観光地です。走るスペースなんてあるのだろうか…画像を見るかぎり観光客は少なそうで、アップダウンも少なそうな気がします。

写真にはこれまで何度も騙されてきましたので、信用していませんが。

昨年は中国政府の指示により、万里の長城を走れない万里の長城マラソンに合流させられたという苦い思いがありますので、今年もまだ安心はできませんが、2年連続でそんなトラブルは起こらないでしょう。

P5010193

運営側としては、そういう可能性もあるということを伝えなくてはいけませんが。

これとは別に8月末に万里の長城マラソンPV撮影のために北京に行きます。8月北京、10月北京、11月台北、12月台北…しばらく霞でも食べならが生きていくとします。

大山で霞は採れるかな?

今年のPV撮影のコンセプトは、家族で参加できる大会というのをアピールするとのこと。実際に欧米人は家族で参加しているのですが、日本人の参加がここ数年はありません。

P5010126

長い距離は難しいのですが、5kmや10kmなら家族で走ることができます。そういう大会であることをアピールするためのPV撮影。さてどんなことになるのやら。とりあえずまた主演ですが気にしないでください。

万里の長城を走るとなると、ちょっと練習方法が変わります。なんせ10時間走る(最初からギリギリのつもり)わけですから、10分のレースとは鍛え方が違います。どちらも同じ階段ですが。

ちょうど9月に海外が入っていないので、香港合宿でもしてこようかなと考えたり。香港はいたるところに階段があるので、練習し放題です。えぇ香港に行きたいだけです。

練習の基本は大山トレランになるのでしょう。最近は他の人と走ってばかりですが、単独走も練習に組み込まなくてはいけなさそうです。ぼっちトレランも好きなのでそれはそれでいいのですが。

P5010286

何よりもこうやって、やる気が湧いてくるのが一番嬉しいことです。

日々の練習へのモチベーションが全く違います。今日はふくらはぎの奥がかなり痛むので走れないかと思いましたが、とりあえず散歩でもいいからと公園で裸足ラン。万里の長城マラソンが決まってなかったら完全にOFFでした。

本当は休むのが正しいような気がしますが、居ても立ってもいられないのが万里の長城マラソンです。

毎年5月1日に開催している大会には、主催者ということで自分で走るわけにはいきません。だったら秋大会はしっかりと走りたい。いずれこちらも大きくなったら走れなくなるかもしれませんが、数年は大丈夫でしょう。

P5010427

大好きな万里の長城を駆け抜ける。

あの絶望的な苦しさをまた味わうことができる。こんな嬉しいことはありません。いつも参加してくれる人が「1年に1度くらい馬鹿になってもいいじゃないか」と言って走ってくれます。わたしも、もう一度馬鹿になりたい。

あたり前のことをあたり前にできない自分。もっともっと難しいことに挑戦したくなる自分。

でもトレランもウルトラマラソンも大会は嫌。24時間マラソンと万里の長城は、走っている途中に何度も嫌になりますが、ゴールの瞬間はいつだって寂しさすら感じます。

あんなに苦しい思いを知るのに、終わらなければいいのになと思ってしまいます。

P5010434

この夏、暑さに負けずに走り込む理由ができました。シーズンが終わってから増え続けた体脂肪ともそろそろお別れの季節がやってきました。何があっても裸足で万里の長城を完走できる。そんな体を作り上げます。

これから参加要項などを作成しますので、募集開始は今週中を目処に行います。

興味がある人は、ぜひ一緒に万里の長城を走りましょう。春の大会とはまた違った体験ができるはずです。北京の美味しいお店も案内しますよ。


蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
著者:浅田 次郎
楽天ブックス:蒼穹の昴(1) (講談社文庫) [ 浅田次郎 ]

スポンサーリンク

スポンサーリンク